鬱の人がいると家族にうつることも! 共倒れを防ぐ対策とは!?

こんにちは、シカサンと申します。

よろしくお願いします。

 

 

日常生活の中で様々なストレス

ほとんどの人は

感じたことがあると思います。

 

ですが、そこから

性格などが影響して

深刻に考えてしまい、

 

になってしまう方も

少なくありません。

 

鬱というのは意外と

世間に理解がされづらく、

どこか敬遠されがちのものですが、

 

社会人になると場合によっては

ストレスによる鬱になって

しまうこともあります。

 

誰にでも、関わることになる

可能性がある病気なので

正しい知識を付けておく

必要があります。

 

 

鬱の治療に光療法が効く!? 鬱に有効な薬以外のものとは?

鬱の治療方法として、

やはり1番イメージが強いのは

による治療だと思います。

 

 

ですが、鬱は

生活の中で起こる病気なので、

 

その生活の中にある原因を

解決しなくてはいけません。

 

そこで、薬以外の治療法として

光療法が鬱効果を持つと

最近になってわかったんです。

 

 

光療法には

抑うつの効果があり、

うつ病を改善する効果がみられ

薬との併用で

さらに早い改善ができるんです。

 

また、人間にとって

光はとても大切です。

 

朝起きて光を浴びて

体内時計をリセットすることで、

 

朝起きて夜寝るという

基本的な生活を

行うことができます。

 

ですが鬱状態になると

暗い場所にいるようになり

通常の生活よりも

光を浴びなくなってしまいます。

 

そのような点からも

光による鬱の治療というのは

効果的だといえるんです。

 

 

鬱で病院に行った場合に

この治療をするというだけでなく、

 

日常生活でも

気分が落ち込んでいたり、

知人がその

状態だったりした場合に、

 

積極的に日の光を

浴びに行く

一番の治療になりますよ。

 

 

冬は鬱症状が出やすくなる? 家族が共倒れしないためにできること

鬱になる原因は

色々考えられますが、

 

季節による原因で

鬱になってしまう場合があるんです。

 

 

冬は夏と違い

日照時間が短く、

日の光を浴びる時間が

少なくなってしまいます。

 

そのため

外出する意欲がなくなってしまって

家に引きこもりがちに

なってしまいます。

 

これが冬に起こる

特有の鬱症状になります。

 

 

また鬱というのは

一緒に住んでいる家族にも

影響する可能性があるんです。

 

ですので、家族も

鬱症状の相手と接するときには

気を付ける必要があります。

 

そして、家族も

冬に外出を控えてしまう

傾向にあります。

 

ですので、冬になったら

鬱症状を起さないように

 

自発的に外出をしたりして

気分転換を心がけてみてくださいね。

 

 

まとめ

鬱というのは

周りの人の助けがないと

なかなかその人を

救うことができません。

 

ですが、

鬱の人から症状が

伝播してしまうこともありますので、

 

自分の気分転換も

忘れずに行ってください。

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。