皆さん、日々の疲れが貯まっていませんか。

 

 

特に女性に多いのが、低体温です。

 

 

いくら温めようと思っても、体の末端が冷え、

 

冷房や冬の寒さが、体に堪えてしまいます。

 

 

今回は、そんな体のお悩みを解決し、免疫力との

 

関係も含めて、お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

免疫力向上はまずここから!
低体温を改善するためのおすすめの運動法はコレ!

 

 

◯低体温と免疫力の関係は何、と思われる方も多いでしょう。

 

 

体温が低いと、何故免疫力に関係するのかを、

 

簡単に言うと、体温が下がることによって、血流が

 

悪くなります。(何となく想像できますね)

 

 

すると、体の中に入ってきた、ウイルスや細菌と闘う

 

白血球が、もろもろ(最近は某アニメで一躍有名)

 

の体の中で循環が悪くなり、ウイルスや細菌への集まりが

 

悪くなって、負けてしまうことになります。

 

 

これが、免疫力低下の原因です。

 

 

◯改善には筋肉の力です。

 

 

意外でしょうが、筋肉量を増やすことで、

 

基礎代謝が上がります。

 

 

基礎代謝が上がることで、自然と血行が良くなり、

 

免疫力も上がります。

 

 

そして、気を付けるポイントがもう一つ、

 

それはストレスです。

 

 

ストレスも、筋肉量を減らしてしまう原因になります。

 

 

そのためにも、適度な運動で筋肉を付けながら、

 

リフレッシュします。

 

 

◯簡単、ウォーキングで改善!

 

 

すでに習慣にしている方も、おられるかもしれませんが、

 

ウォーキングは、手軽で道具の要らない運動の一つです。

 

 

このウォーキングを、1日に30分程度続けていくだけでも、

 

免疫力向上に効果絶大です。

 

 

勿論、無理はしなくてもオッケーです。

 

一気に30分が大変な場合、15分を2セットなど、

 

自分に合ったペースで行ってください。

 

 

だいたい3ヶ月程度、習慣化させてしまうと、

 

基礎体力もついて、効果を感じることができます。

 

 

◯オススメは朝!

 

 

朝は眠いし、体が重い。

 

だからこそ夕方より、朝のウォーキングなのです。

 

 

皆さんも感じている通り(私もですが…)、

 

目覚めた朝が、一番体温が低い時間です。

 

 

このタイミングで、軽い運動をすることで、一気に

 

体温が上がります。(平均0.7~1度上昇します)

 

 

しかも、朝からの有酸素運動で、体も活動モード、

 

これで、一日が気持ちよく過ごせます。

 

 

 

 

免疫力向上には温めるのが一番!
毎日続けたい、体によいこつ5つ!

 

 

おすすめは5つです。

 

やはり体の冷えには、温めることが一番です。

 

 

ここからは、体を温めるとリラックス効果アリ、

 

の方法をお伝えしていきたいと思います。

 

 

◯お風呂!

 

 

言わずと知れた、日本人の心、お風呂は

 

何であんなにホッとするのでしょうか。

 

 

からだを温めるための入浴は、朝でも夜でも、

 

時間の空いているときで構いません。

 

 

その代わり、毎日続けるのが大事です。

 

10分程度の入浴で、体温は約1度上がります。

 

 

◯スクワット!

 

 

辛い筋トレのように聞こえますが、

 

先ずは、できる回数からで十分です。

 

(2回でも十分)

 

 

なぜスクワットがおすすめかと言うと、

 

ふくらはぎや太もも、腰の筋肉を一度に

 

鍛えてくれる運動だからです。

 

 

特に、下半身へ行きやすい血液を、心臓に送る

 

ポンプの役割をしている筋肉を鍛えることで、

 

血行の改善にもなります。

 

 

◯白湯!

 

 

朝は、冷たい水より白湯です。

 

起きたばかりの体を温めてくれます。

 

 

白湯は、夜に飲んでも効果を発揮し、

 

体を温めるので、安眠効果もあります。

 

 

◯GABA

 

 

GABAは、ストレスを和らげてくれる成分です。

 

(これが入っているチョコレートなどもあります)

 

 

前の方でもお話しさせて頂きましたが、

 

ストレスも体温を下げてしまう原因です。

 

 

つまり、ストレスを緩和してくれる食材を取ることも、

 

低体温を改善する一つの方法です。

 

 

GABAを多く含む食べ物は、

 

玄米、カボチャ、ジャガイモ、トマト

 

などがあります。

 

 

◯直接冷やさない方法!

 

 

寒い季節に大活躍なのが、

 

腹巻や湯たんぽ、ホッカイロなど、

 

 

直接暖めてあげることで、間違いなく、

 

効果抜群です。

 

 

他にも、

 

タイツやズボン下を履いて、足元からの冷え対策を

 

するだけでも、体の保温力は抜群です。

 

 

参考(https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/200909-02.html)

 

 

今回は、毎日の疲れの原因にもなっていた、

 

低体温の改善方法について、

 

 

なぜ低体温がいけないのか、良い改善方法等を

 

お伝えしてきました。

 

 

参考にさせていただいた、沢井製薬さんのHPには、

 

もっと多くの情報が載っています。

 

 

自分の体質を変えてみたいと思う方は、リンクを見て

 

研究してみるのも良いかもしれません。

 

 

もちろん、この記事も情報満載です。

 

満載でしょう。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。