これって低気圧のせい?眠気や耳鳴りと低気圧の因果関係

 

 

 

低気圧と聞くと天候に影響を与えるもの

という印象が強いですが、

実は少なからず体にも影響を及ぼすものなんです。

 

もしかしたら食後に眠くなるのは

低気圧のせいかもしれません。

 

そこで、今回は低気圧について

紹介していきたいと思います。

 

低気圧の症状ってどんなもの?
耳鳴りや眠気などさまざまな症状があった

天気が悪化した時に頭が痛くなる、

そう感じて憂鬱に思う方もいると思います。

 

登山などで気圧が低くなる場合に症状がでますが、

低気圧が来ているときにも同じような症状が出ます。

 

どのような症状が出るかというと、

まずは頭痛です。

 

天気が悪いときの頭痛に

悩まされているという方も

少なくないと思います。

 

これは気圧が低くなることにより

血圧が下がって血の巡りが悪くなり

 

それによって頭痛が発生してしまうという

メカニズムになっています。

 

他にも気圧が低くなることによって、

自律神経が乱れてしまい、

体に影響してしまうこともあるんです。

 

血行が頭痛に関係しているという話をしましたが、

それ以外に低気圧による酸素不足で

頭痛になる可能性もあります。

 

低気圧の場合、

上昇気流が発生しているので

酸素が上に噴き上げてしまいます。

 

それによって、やや地上の酸素が薄くなることにより

頭痛が起こる人もいます。

 

このように、低気圧は天気以外

人体に影響を及ぼしてしまうです。

 

低気圧の症状は夏にひどくなることも!?
暑い夏を乗り切る方法!

低気圧は上昇気流だという話をしましたが、

熱くなればなるほど空気は上に行こうとします。

 

ですので、夏はほかの季節よりも

低気圧が活発になってしまいます。

 

低気圧の影響を受ける人は

夏を意識して乗り切る必要があるんです。

 

まず、簡単な対処法として

深呼吸を意識しましょう。

 

血の巡りを良くしたり酸素不足を解消するには

これが一番直接的ですぐに始めることができます。

 

深呼吸をすることで

体に酸素をたくさん取り入れ、

体調を整えることが大切です。

 

酸素不足というのは、

自分が息苦しさを感じることもそうですが、

体に酸素が行きわたらなくなってしまっても問題です。

 

ですので、酸素を行きわたらせるためには

血行を良くすることも大切です。

 

背中や腰を温めると、自律神経を整え、

さらに血行の改善ができます。

 

ストレッチなど体を温める運動を

することも効果がありますので、

自分に合った方法を試してみてください。

 

まとめ

低気圧で様々な症状が起きている方も、

日常でできる範囲の対策で

改善することができます。

 

ストレッチや深呼吸といった

酸素や血行を意識した生活を実践してみてください。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。