血圧の高い低いは日常で感じることがありますが、

これが天気とも関係しているんです。

 

天気が悪くなったり低気圧が通ったとき

季節の変わり目に体調を崩してしまった

なんて経験はありませんか。

 

それはただの風邪ではなく、

気圧のせいかもしれないんです。

 

今回は低気圧と血圧の関係や

体調不良について紹介していきたいと思います。

 

低気圧で血圧は上がる?それとも下がる?
気圧と血圧の関係性!

低気圧が近づいてくると

血圧は下がってしまいます。

 

これは単純な話で、

空気中の圧力が小さくなってしまうのですから、

 

体の血液に対する圧力も小さくなってしまい、

結果として血圧が下がってしまいます。

 

雨の日はなんだか憂鬱だなと感じる、

もちろん気持ち的な部分もありますが

 

それは低気圧のせいで

血圧が下がっている影響もあるんです。

 

朝起きるのがいつもより辛いと感じたら

それは血圧が下がっている、

 

低気圧が来ているから

しょうがない部分がありますね。

 

天気予報を毎日チェックしていれば

いつ自分が住んでいる地域に

低気圧がくるかわかりますので、

 

この日は朝辛くなるなと思ったら、

いつもより早く寝て朝ゆっくりできるようにする

などの工夫をした方がいいかもしれませんね。

 

低気圧に体調を左右されない!
改善する方法と対処法!

低気圧が来たら毎回体調が悪くなる、

そんな人も少なくないと思います。

 

毎回低気圧が来るたびに

憂鬱になってしまうという人もいると思います。

 

ですので、きちんとした対策をして

体調不良を防いでいくのが大切です。

 

低気圧で体が冷えてしまう、

血圧が悪くなってしまうという方は

 

自分から体温をあげたり

血行をよくする必要があります。

 

いい方法としては

ストレッチなど体を動かすのが効果的です。

 

低気圧が来ているわけですから、

外で運動するのはなかなか難しいと思いますので、

 

家のなかでできる運動で

効果的なものはストレッチくらいだと思います。

 

それ以外であれば、

ラジオ体操なんかも体が暖まるいい運動です。

 

また、低気圧で頭痛が起こる方もいますが、

そんな方は頭痛薬を常備しておくと

すぐに対応できるのでいいと思います。

 

ですが、一番やってほしいのは

自分の体調不良と上手に付き合うことです。

 

体質的に弱い方もいますので

すべてを防ぐというのはなかなか難しいです。

 

ですので、低気圧が来るから明日は体調悪くなるな、

対策しておかなきゃなど、

 

日常的に対策することが当たり前になると楽ですので、

低気圧と上手に付き合っていってください。

 

まとめ

低気圧を操作はできませんので、

低血圧や体調不良に対して

対策していくしかありません。

 

ですので、自分が低気圧が来たとき

どんな症状が出やすいかなどを把握して、

常に対策できる準備をしておきましょう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。