こんにちは、

 

シカサンと申します。

 

よろしくお願いします。

 

 

手が乾燥して

 

ぶつぶつができたり、

 

 

かゆみがとまらなかったりすると

 

1日中気になってしまいますよね。

 

 

家事で

 

毎日皿洗いなどの洗いもので

 

水仕事をしている主婦の方にとっては

 

切実な悩みだと思います。

 

ですが、

 

 

この手の乾燥を改善してあげる方法

 

 

あるんです。

 

乾燥さえ治ってしまえば

 

ブツブツもかゆみも起こらない

 

最高の手になります。

 

 

今回はそんな主婦必見の方法

 

 

紹介していきます。

 

 

乾燥によるぱっくり割れから守ろう!有効的な方法

 

水仕事をしていて一番多いのが

 

乾燥から

 

手の皮膚が割れてしまう症状です。

 

 

それでも

 

水に触れなくてはいけないので

 

放置していると

 

ひどくなってしまうばかりです。

 

 

この方法で

 

まずなによりも有効的な方法は

 

 

手袋をすることです。

 

 

手袋をすれば

 

 

水に触れることなく

 

 

仕事ができるので

 

とても便利です。

 

 

手袋を使うのが

 

あまり好きではないという方は、

 

 

ぬるま湯で作業したりするのも

 

効果的になります。

 

 

ですが、

 

それだと水が肌に当たってしまうので

 

 

極力手袋をつけることを

 

お勧めします。

 

 

最近では

 

 

手袋も色々な種類ものもが出ているので

 

自分に合ったものを

 

 

探してみるとなお良いです。

 

 

乾燥してブツブツが! かゆみを鎮めるには!?

 

乾燥してかゆみが止まらない、

 

そんな方にお勧めなのは

 

 

やはり

 

ハンドクリームや軟膏といった

 

塗るタイプの薬が良いです。

 

 

朝起きて活動を始める前や

 

 

作業前など、

 

 

起きている間は

 

 

ハンドクリームで保湿を保ったり、

 

夜に軟膏を塗って

 

かゆみを止めたりといった方法が

 

ベストだと思います。

 

 

水に触れる仕事と言っても、

 

水を使う作業を最初の方に終わらせてしまい、

 

それからハンドクリームを付けるといった

 

工夫ができます。

 

 

これにより、

 

 

最大限効果を発揮させることができますし、

 

軟膏を使うことで

 

徐々に症状が改善されていきます。

 

 

どちらにしても

 

毎日塗ってあげることが大切ですね。

 

 

まとめ

 

主婦の大きな悩みの一つとなっている

 

手の乾燥、

 

 

そして

 

そこから来るブツブツや

 

 

かゆみは

 

毎日耐えなくてはいけない

 

やっかいな問題です。

 

 

ですが、

 

 

原因の水仕事をちょっと一工夫したり、

 

ハンドクリームや

 

軟膏をうまく活用することで

 

乾燥した手を改善させること

 

できます。

 

 

家事をするうえで

 

 

ある程度は仕方のないことですが、

 

 

上手に付き合っていければ

 

 

症状を改善して

 

綺麗な手が戻ってきます。

 

 

毎日対策するのは

 

めんどくさいと思うかもしれませんが、

 

 

そのめんどくさいを耐えれば、

 

かゆくもなく

 

割れることもない手を

 

手に入れることができるので

 

 

実践あるのみです。

 

最後まで読んでくださって

 

ありがとうございました。