こんにちは、シカサンと申します。

よろしくお願いします。

 

外傷は見当たらないのに体の内部が痛い、

そんな痛みはもしかしたら神経痛かもしれません。

 

痛みの度合いにもよりますが

日常生活の中で体に痛みや違和感があると

生活しにくくなってしまいますよね。

 

自分では思い当たる節がなくても

必ず原因が存在します。

 

ですが、目に見えないものの痛みのため

自分では対処できない、

そんな風に思っている人も多いです。

 

実は神経痛はある程度自分でも対処できるんです。

 

神経痛を緩和するにはあたためる?
それとも冷やす?どちらが正解?

神経痛がつらいという方の多くは

その痛みの部分に対して対処をしています。

 

ですが、痛みの場所に対して対策しても

改善されない場合もあります。

 

というのも、

神経痛の原因の筆頭が骨盤場合があるんです。

 

そのような場合はどうすればいいかというと、

骨盤を温めてあげることが大切です。

 

神経痛と言っても原因は様々あるのですが、

その中の一つに冷えによる神経痛があります。

 

体を日常的に冷やしてしまっている人は

もしかしたらその冷えから

神経痛を引き起こしているかもしれないんです。

 

温める方法はいくつかありますが、

簡単な方法としては「カイロ」を貼るのが手軽だと思います。

 

仕事や家事の合間でも

カイロなら貼っておくだけでいいので、

 

手を休めることなく

神経痛の痛みを和らげることができます。

 

簡単ですのでぜひ実践してみて

効果を確かめてみてください。

 

帯状疱疹後神経痛をマッサージで緩和しよう!
つらい痛みをやわらげる方法

帯状疱疹後神経痛という神経痛に関しては

温めても痛みが引かない場合があります。

 

この神経痛の原因は名前の通り帯状疱疹後に起き、

ウイルスがまだ体に残っていて

それが神経線維を傷つけてしまうことで

発生する病気です。

 

この病気はウイルスが原因ですので

温めても痛みは治りません。

 

ではなにが有効かというと

リンパマッサージが有効な方法になります。

 

この病気にかかってしまうと

体の血液などが循環しづらくなってしまい、

老廃物がたまってしまいます。

 

これを改善する必要がありますので、

マッサージを行うことで体液を循環させ、

改善することができます。

 

自分で行うものもありますし、

お医者様に指導してもらうこともできますので

一度病院に相談に行ってもいいかもしれませんね。

 

まとめ

神経痛はその原因によって

対処法が変わってきます。

 

自分に神経痛の原因の心当たりがある場合は

そちらを試してみてもいいですし、

 

わからない場合については

病院に相談しに行くのがベストだと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。