静電気で困っている人に朗報!コーディネートで予防ができるって本当?

こんにちは、シカサンと申します。

よろしくお願いします。

 

バチバチ家でも静電気が起こっていやだ、

と思っている人も多いと思います。

 

静電気には体質もありますし

好き嫌いもあります。

 

そこまで気にならない方は

そんなに考えたことがないと思いますが、

 

嫌いな人からすれば

何か物に触るのも気が引ける

なんて方もいらっしゃいます。

 

そんな静電気ですが

どんなメカニズムで起こっているなどを

気にしたことがあるでしょうか。

 

静電気は科学的な現象の一つでもありますので、

そのメカニズムを知っていれば

防げることもあるんです。

 

静電気は素材の相性も関係が深い!
静電気のメカニズムとは!?

静電気はこすれる素材によって変わってきます。

 

というのも、素材によっては

プラスの電気とマイナスの電気

それぞれ帯電しやすい物があるんです。

 

例えば服などの

衣類に使われる素材でみてみましょう。

 

ナイロンやウールといった素材は

プラスの電気を帯電しやすく、

 

逆にアクリルやポリエステルといった素材は

マイナスの電気を帯電しやすいんです。

 

ですので、ナイロンの素材をインナーにして

ポリエステルの素材の服を上から来たりすると

 

それぞれがこすり合わされて

電気を帯電してしまいます。

 

察しのいい方なら気づいたかもしれませんが、

静電気を起さないために、

電気を帯電させないためには、

 

同じ電気を帯電させる素材を着れば問題ないんです。

 

プラスの電気を帯電させやすい

ウールとナイロンの素材を一緒に着たり、

 

逆にマイナスの電気を帯電させやすい

アクリルとポリエステルを一緒に着ることで

 

服の静電気を防ぐことができるんです。

 

静電気を防ぎたいという方は、

まず自分の服の素材から

確認してみることをお勧めします。

 

静電気体質チェックシート!
静電気が起きやすい人の対処法!

静電気が自分は起きやすいな、

という方は自分である程度気づくと思います。

 

そのような方は、

自分から静電気を防ぐ対処をしていく必要があります。

 

電気というのは乾燥していると起こりやすいんです。

 

物ならともかくとして、

部屋や自分が乾燥している状況は防ぐことができます。

 

部屋が乾燥しているのであれば、

加湿器などを利用して湿度をあげて

静電気が起きにくい環境にしましょう。

 

自分が乾燥している場合、

まずはハンドクリームなどの

保湿をしてくれるアイテムを使いましょう。

 

それによっていくらか

静電気を防ぐことができます。

 

また、静電気は体に電気を

ため込んでいるため起こってしまいます。

 

ですので、

常に電気を一定量放電し続ける状態

にしておかなくてはいけません。

 

特に、足元がゴム製のものだったりすると

電気は逃げていかないので

静電気が起こってしまいます。

 

自分の履いている靴がゴム製ではないかも

しっかりチェックしましょう。

 

これをするだけで静電気を防ぐことができますので、

自分の身の回りの静電気が起こりやすい原因

をさぐってみてください。

 

まとめ

静電気はメカニズムがあり、

それが成立している状態でなくては起こりません。

 

逆に言うと、

静電気がよく起こるという方は

なにか原因が必ずあるということになります。

 

ですので、自分の環境の中で

何が静電気を起しているのがを探り、

 

それに対して正しい対処をすれば

防ぐことができるというわけです。

 

日々の生活で静電気の対処をしっかり行って、

静電気とはおさらばの生活を実現してみてください。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。