暑い夏には欠かせない冷房

 

 

35度を超えるような夏の暑さに冷房なしで

 

生活するのは不可能といってもいいです。

 

 

最近はさらに暑くなってきたので

 

冷房の需要も増え続けています。

 

 

そんな冷房ですが、実は冷房病という病気を

 

引き起こす原因にもなりえるって知って

 

いましたか。

 

 

 

人間の体はよくできていて、温度調節を

 

自在に操る効果があります。

 

 

夏場、暑くなってきたら汗が出ますよね。

 

 

汗を体から出し、それが蒸発するときの

 

気化熱を利用して体の温度を下げてくれる

 

効果なのです。

 

 

ですが、冷房の効きすぎている部屋と

 

暑い部屋を行き来することで、自律神経の

 

調子がおかしくなってしまいます

 

 

これによって引き起こされるのが

 

冷房病です。

 

 

 

最近では夏休みに入り、冷房が効きすぎて

 

いる家と外の温度差で体調を崩してしまう

 

子供も多いです。

 

 

これらを防ぐために冷房の使い方には

 

気を付けなくてはいけません。

 

 

 

冷房病と冷え症の関係って?
夏の自律神経の狂いが問題に!

 

 

女性に多い冷え性ですが、冷え性は

 

冷房病とも関係する症状なのです。

 

 

冷え性は、筋肉が少なかったり代謝が

 

落ち込んだ状態のときにおこる症状で、

 

 

末端が冷たくなったり体温が下がったり

 

する症状です。

 

 

冷え性対策をしている女性の方も

 

多いと思います。

 

 

 

そんな冷え性ですが、冷房病が冷え性を

 

引き起こしてしまっていることも

 

あるのです。

 

 

というのも、夏場だけ冷え性になったり

 

する方もいらっしゃいます。

 

 

こういう方は、冷房によって自律神経の

 

バランスが崩れてしまい、

 

 

体温調節をうまくできなくて体調を

 

崩してしまいます

 

 

ただ体温調節ができないだけでなく、

 

 

なんとなく体調がすぐれない、食欲が

 

出ない、下痢が続いたり、腰痛やイライラ

 

といった症状が夏場に出ることがあります。

 

 

これらは自律神経のバランスが崩れている

 

証拠であり、冷房病の症状でもあります。

 

 

 

ですので、夏場だけ冷え性になる、

 

デスクワークで夏なのに寒いと感じる方は

 

冷房病からくる冷え性かもしれません。

 

 

こうなっている方は自律神経がどこかで

 

崩されている可能性があります。

 

 

もし家の冷房を使いすぎているのであれば

 

 

使う時間や温度を工夫して体調を

 

崩さないような設定にすることが

 

大切ですね。

 

 

 

冷房病をお風呂で予防!
夏も湯船につかって体を温めよう!

 

 

冷房病を予防したいと思っても、

 

職場のエアコンの設定やお店の温度調節

 

自分ができるわけではありません。

 

 

ではどうすればいいか。

 

 

効率よく体を温めてあげることが大切です。

 

 

そこでおすすめなのがお風呂です。

 

 

 

夏場はお風呂じゃなくてシャワーという方も

 

多いですが、

 

 

お風呂にしっかり使って体を温めることが

 

大切です

 

 

お風呂に入ることで体が温まることは

 

もちろん、血行もよくなるので冷房病の

 

予防になります

 

 

もちろん冷え性の改善策としても

 

使えますので、

 

 

冷房病や冷え性で悩んでいる方は

 

ぜひお風呂に使って体を温めてあげて

 

ください。

 

 

まとめ

 

 

冷房病は自分で防げることばかりです。

 

 

自分の家でしたら冷房の温度を下げ

 

すぎないお風呂に使う、など身体を

 

冷やしすぎず温めてあげることが大切です。

 

 

毎年夏になると体調を崩してしまう方は

 

冷房病の可能性がありますので、

 

 

生活環境を見直してみるのがいいかと

 

思います。

 

 

最後まで読んでくださってありがとう

 

ございました。