こんにちは、シカサンと申します。

よろしくお願いします。

 

夏になると怖い熱中症

 

 

毎年

 

これで救急搬送される人も多いので

 

予防するに越したことはありません。

 

 

どうすれば

 

防止できるのかが大事ですが、

 

予防するのは意外と難しいことじゃないんです。

 

 

まず、大切なのは水分補給です。

 

 

といっても

ただ水を飲むのではなく、

 

スポーツドリンクや経口補水液といった

 

体に水を浸透させやすい飲み物

 

飲むことが大切になります。

 

 

 

他には、

 

日光にさらされて

 

暑いという状況が長く続くこともよくないので、

 

外出しているときには

 

こまめに影などに入って休憩することも大切です。

 

 

もしも熱中症になったら?熱中症を治す方法って何がある?

それでも

 

暑い時期だと

 

熱中症になってしまうことが

 

避けられない場合があり、

 

そうなった場合は

 

 

 

自分でできる応急処置の方法について

知っておく必要があります。

 

 

 

まずは、

 

予防と同じですが

 

スポーツドリンクなどの飲み物で水分補給をして、

 

できる限り涼しい場所に行き

 

体をクールダウンさせることが大切です。

 

ただ飲み物を飲む場合も、

 

症状がひどいと

飲んでも吐いてしまうことがありますので

 

一口ずつ、

ゆっくり飲むことが大切です。

 

 

 

体を休めるために

 

 

涼しいところへと移動するときも

 

ゆっくり無理せず移動することを心がけましょう。

 

 

それでも治らない場合や

症状が明らかに悪い場合については

 

すぐに病院に行くことが必要です。

 

 

これって熱中症!?汗が止まらない時の正しい対処法!

熱中症になりそうなときや

もうすでになっている時などは

 

汗が止まらない場合があります。

 

 

外出しているときに

熱中症に対しては

飲み物を飲んだりして対策しているけど、

 

汗が止まらなくて

 

どうしようなんてときは

 

汗への対処法も大切になってきます。

 

 

 

一番手っ取り早い

 

方法としては、

 

制汗スプレーを使って汗をとめる

 

 

それ以外の方法としては

 

 

首の後ろやわきの下など、

大きな血管が通っている箇所を冷やすことで

 

体を冷やして

汗をとめるのも良い方法といえます。

 

 

 

いずれにしても

 

 

汗が流れ続けていると、

 

症状を悪化させてしまうこと

 

 

十分に考えられます。

 

 

 

適度な運動量と、

汗の量を意識して、

 

 

明らかに

汗が多すぎると感じた際には、

 

汗を止められる方法を用意しておくことも重要です。

 

 

まとめ

熱中症は

 

 

軽視されがちで、

 

暑くても飲み物は後で良いだろう

 

そんな軽い気持ちで思っていると、

 

 

途端に症状が重くなって

 

病院のお世話になることがあります。

 

 

熱中症は怖い症状ですが、

 

冷たい飲み物をこまめに飲んで

 

涼しい場所を意識して移動すること

 

 

簡単に予防することができます。

 

 

 

熱中症に伴う汗も

意識して対処することで、

以外と簡単に予防できることがわかります。

 

 

 

ところが、

 

日々の予防を怠る

 

 

油断を招いてしまい、

 

熱中症になってしまいやすくなります。

 

 

毎日の生活の中で

予防を意識すること

 

これからの夏の季節では、

 

 

一番大切となります。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。