夏バテに効く、辛い料理が食べたい! 夏バテ対策になる、おいしいレシピ!

 

 

夏特有の体調不良である夏バテ、毎年夏バテに

 

なってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

 

そんな夏バテを、できるなら回避したいですね。

 

 

夏バテは、身体が、暑さや天候の変化に耐えられなくて、

 

風邪をひいてしまうことです。

 

 

暑い部屋から、クーラーのある涼しい部屋に、

 

そしてまた暑い部屋にと、連続して気温の差が激しいところを、

 

行き来していても夏バテの原因になります。

 

 

そうならないために、体を元気にして、

 

夏バテを改善する必要があります。

 

 

今回は、夏バテしない体を作るための、料理レシピについて

 

紹介していきたいと思います。

 

 

 

自分でできる夏バテ対策! お酢を使った
簡単レシピで、暑さに負けない体作り!

 

 

夏バテに、効果のあるもののひとつがお酢です。

 

 

お酢は体を内側から元気にしてくれますし、

 

夏バテにも強い体にしてくれます。

 

 

また、お酢には食欲を増進させる効果があり、

 

暑くて食欲がわかない時に最適です。

 

 

では、どんな料理がいいのか。

 

 

おすすめは、お酢を使った豚肉の炒め物がいいと思います。

 

 

レシピとしては、

 

豚肉やキャベツ、そして玉ねぎとニンジンを

 

食べやすい大きさに切ります。

 

 

普通に炒め物を作るのですが、炒め終わった後に

 

お酢をかけます。

 

 

これだけでも、全然味わいが変わって

 

おいしく食べることができます。

 

 

ほかの食べ物でも、ラーメンや餃子の専門店に行くと、

 

お酢が置いてあります。

 

夏場は、そんな場所からも、お酢を摂って、

 

体を元気にしてあげましょう。

 

 

お酢で、夏バテはもちろん、食欲を増すことによって、

 

たくさん食べて体力をつけることも大切です。

 

 

夏バテが気になる方は、ぜひお酢を使ってみてください。

 

 

 

夏バテに、夏野菜も効果的!
お弁当にも使える、辛い料理レシピ!

 

 

夏バテには、夏野菜を食べることも対策になります。

 

 

夏野菜といえば、キュウリやトマト、そしてナスにゴーヤ

 

といった食べ物です。

 

 

夏野菜の何がいいかというと、そのみずみずしさにあります。

 

 

特に、トマトやキュウリは水分を豊富に含んでいるので、

 

食べるだけで水分補給をすることができます。

 

 

また、夏野菜には、体温を下げる効果のあるカリウムが

 

多く含まれており、夏バテだけでなく、熱中症などにも

 

効果があります。

 

 

夏野菜は、とても優れものなのです。

 

 

そんな夏野菜を、たくさん食べるなら、

 

冷やし中華がお勧めです。

 

 

卵やハムのほかにトマト、キュウリが入っているので、

 

夏野菜を食べる料理としては、もってこいです。

 

 

作り方も、冷やし中華のもとを買えば、

 

簡単に作ることができます。

 

 

料理自体も、冷えていて夏向きですので、

 

是非食べてみてください。

 

 

また、冷たいものだけではなく、

 

辛いものも夏バテに効果があります。

 

 

特に、お弁当に入れることで、お昼に栄養を補給し、

 

夏バテを予防してくれます。

 

 

おすすめは、豚キムチです。

 

豚肉でスタミナも付きますし、キムチでしっかり

 

辛味もついておいしいです。

 

 

お弁当を作る際には、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

まとめ

 

 

夏バテは、食事から改善していくことができます。

 

 

夏野菜をたくさんとって、夏バテと、おさらば、しましょう。

 

 

夏にぴったりの料理もたくさんありますので、

 

自分の口に合った物を探してみてください。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました