こんにちはtokimatsuoです。宜しくお願いいたします。

 

 

毎日のむくみって、ツライですね。

 

 

特に、長時間立ち仕事をしている方やデスクワークの方には、

 

お悩みの一つだと思います。

 

 

しかも、むくみが貯まって、なかなかとれなくて、

 

足がパンパンになるとかよくあります。

 

 

そこで今回は、

 

どうすれば効率的にむくみ対策ができるのか、

 

そのおまけで得られる効果についても、

 

ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

むくみの最大の敵!
塩分を上手に排出して、1日中スッキリ過ごす!

 

 

◯むくみの原因!

 

 

何でこんなにむくむのでしょうか。

 

 

一応は気にして、足を動かしてみるとか、

 

少し休憩して、立ち上がってみるとかします。

 

 

それでもとれない、むくみの原因について

 

気になったことはありませんか。

 

 

実は、むくみの原因には、日々の姿勢だけではなく、

 

ある物質も大きく関係しています。

 

 

◯正体は塩分!

 

 

それは、塩分です。

 

 

塩分の取りすぎが、病気の原因になるだけではなく、

 

むくみの大きな原因に繋がっている事を、

 

皆さんはご存知でしたか。

 

 

◯塩分を追い出せ!

 

 

食事をすると、

 

ついつい多く取ってしまいがちな塩分を、

 

体から効率的に追い出す(排出する)には、

 

どうしたらいいのでしょうか。

 

 

それには、カリウムが手助けをしてくれます。

 

カリウムは、尿を出しやすくしてくれる物質で、

 

 

尿を出すことで、「カリウムと同じ量の塩分」が、

 

排出されるのです。

 

 

と言うことは、カリウムを取れば取っただけ、

 

塩分も体の外へ出ていきます。

 

 

◯カリウムを含む食べ物って?

 

 

では、カリウムを含む食べ物には、

 

どんなものがあるのでしょうか。

 

 

基本的には、野菜や果物、いも類、海藻類

 

に含まれています。

 

 

中でも、

 

ほうれん草、じゃがいも、大豆、わかめ等です。

 

 

カリウムが多く含まれている食材のランキングは、

 

「厚生労働省」が毎年発表しています。

 

 

分かりやすく、ランキング化しているサイトのURLも

 

一緒に載せますので、是非参考にしてみてください。

 

 

コチラ↓

 

(http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/Vitamin/eiyou/Kalium.htm)

 

 

 

他には、どんな食材があるのでしょうか。

 

 

自分の好きな食材があれば、

 

無理なくカリウムを摂取することができますね。

 

 

◯でも、そう簡単にはいかない…?

 

 

カリウムを多く取れる食材を食べれば、

 

むくみの原因になる、塩分を排出できるというのは

 

本当ですが、なかなか思い通りにいかないのが現実です。

 

 

なぜかと言うと、

 

一日に理想とされる、カリウムの摂取量がちょっと大変で、

 

具体的には、1日に3500mgが目安です。

 

 

この量は、バナナで8本分、レタスなら5玉分です。

 

うーん。キビシイですね。

 

 

◯調理法にもコツがアリ!

 

 

さらに、

 

カリウムを体内に摂取しようとして、

 

逆に減らしてしまう、やってはいけない調理法が

 

あります。

 

 

それは、「茹でる、煮る」方法で調理してしまうと、

 

含まれていたカリウムが、流れ出ていってしまい、

 

 

沢山食べたつもりでも、カリウムの摂取量は減っていたという、

 

悲しいことになります。

 

 

◯調理するならこの方法!

 

 

では、カリウムを含む食材を食べるときに、

 

どう調理すれば極力減らさないのでしょうか。

 

 

その方法は、

 

●切らずに丸ごと茹でる

 

●焼く

 

●蒸す

 

●レンジ加熱

 

などの方法があります。

 

 

これなら、大切なカリウムを、極力失うことなく、調理ができます。

 

(一番は生なのですが、それができない食材が多いのです。)

 

 

参考(https://www.muen-genen.com/smartphone/page33.html)

 

 

 

むくみを防ぐにはコツがあった!?
水分の摂り方を調節して驚きの変化が!

 

 

◯むくみの原因、もう一つ!

 

 

それは、水分不足です。

 

 

正しくは、体内の水分の循環が、

 

ものすごく大切になってきます。

 

 

◯水の循環…

 

 

前の方でも、ご紹介しましたが、むくみの改善には、

 

尿を出しやすくすることが大切です。

 

 

と言うことは、尿は体内の水だから、

 

水を摂って出す、という循環を上手に行うことで、

 

むくみの解消になります。

 

 

そしてなんと、ダイエット効果まであります。

 

 

◯なぜダイエット?

 

 

体内の水の循環というのは、かなり大切です。

 

 

例として、

 

ダイエットに効果を発揮させたいならば、

 

食事の前に、コップ1杯の水飲むだけで、

 

その効果は期待できます。

 

 

その理由は、

 

食事の前に飲んだ水で、胃液が薄められ、

 

胃液の酸性度が下がり、脳が満腹だ

 

と勘違いするからなのです。

 

 

◯1日の循環に必要な水は…

 

 

ところで皆さんは、1日過ごしているなかで、

 

きちんと水分補給していますか。

 

 

人間は、1日に約1.5Lの水を飲んで、出す、

 

というサイクル。

 

 

の循環をさせるのが良いと言われています。

 

 

もちろん、この量の水を一気に飲まなくても良いです。

 

(逆に、それをしてはいけません)

 

 

少しずつ、何かやったときの休憩に、水分補給します。

 

 

そうすれば、多いような量に感じるかもしれませんが、

 

あっという間にできます。

 

 

◯特に良い飲み方は?

 

 

もちろん、より体に良い水の摂り方があります。

 

 

・少し冷たい水

 

キンキンに冷えた水のことではなく、

 

自分の体温よりも、低めの温度の水がおすすめです。

 

(具体的には、22度くらいです)

 

 

これくらいの温度の水だと、飲んだ後に、

 

水を体と同じ温度にしようとするため、

 

エネルギーを使います。

 

(つまり、カロリー消費です。)

 

 

・アルカリ性の水

 

これがおすすめなのは、

 

体内への吸収がより良くなるからです。

 

 

レモン水(アルカリ性)などを飲むと、ちょっとおしゃれで、

 

ただの水を飲むより、サッパリした気持ちになり、

 

水分補給が楽しくなりませんか。

 

 

◯運動するときは??

 

 

コツがあります!

 

 

運動の前と、運動している最中は、体に負担の少ない、

 

軟水(アルカリ性)の水、

 

 

運動が終わったら、ミネラルの補給もできる中硬水、

 

 

疲労回復に効果大の、炭酸水もおすすめです。

 

 

このように、運動する場合には、ウエアやグッズのように、

 

水の種類にもこだわってみると、

 

 

運動での筋力&ダイエット効果が絶大です。

 

 

参考(https://fytte.jp/diet/6136/)

 

 

今回は何故かたまっていってしまう、

 

 

むくみの解消法について、

 

塩分について、

 

水について、

 

 

二つの方向から、解消法をご紹介しました。

 

 

なんだか専門的な話と、

 

後半はいつの間にか、ダイエットに繋がる話まで、

 

盛り沢山です。(盛りすぎですか)

 

 

是非、今回の内容を参考に、むくみを解消してください。

 

更に、健康で美しい体を手に入れていただければ、

 

嬉しいです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。