知って安心!ものもらいの原因は汚れなの?対策はある?

こんにちは、二児の母主婦のチキンです。

 

なんだか目がごろごろするような気がして、

ふと鏡をのぞくと目が腫れている!?

 

なんて経験をしたことがある方も

少なくないのではないでしょうか?

 

いわゆる、ものもらいという目の病気は

経験されたことがある方も多いかもしれません。

 

でもこのものもらい、原因はなんなのでしょう?

突然なんの前触れもなく出てくるときもありますよね。

 

まずはものもらいの仕組みから知っていきましょう。

 

まず、ものもらいと呼ばれる状態には大きく分けて

「麦粒腫」というものと

「霰粒腫」というものがあります。

 

まぶたの一部が赤く腫れたり、

かゆみが生じて次第に痛みも感じるようになるのが

麦粒腫と呼ばれる病気です。

 

これは主に目が黄色ブドウ球菌に感染し、

炎症を起こしている状態です。

 

目の粘膜の内側に炎症が起きているものを内麦粒腫といい、

 

まつ毛の生え際にある汗腺やマイボーム腺というところに

炎症が起きているものを外麦粒腫といいます。

(マイボーム腺とは、目のための特別な脂腺です。)

 

霰粒腫とは菌による感染ではなく、

マイボーム腺が詰まることにより、

中に分泌液が溜まってしこりとなってしまう病気です。

 

麦粒腫にくらべるとあまり痛みやかゆみは生じないですが、

目の異物感があります。

 

みんな知ってる?ものもらいはうつるの?
気になる対策とは?

ものもらいは、菌による感染の場合、

主に黄色ブドウ球菌によるものです。

 

黄色ブドウ球菌は、

ヒトや動物のあらゆるところに存在する常在菌です。

 

感染力は弱く、

健康な時には害を及ぼすことも少ないですが、

免疫力が低下しているときには感染を起こすことがあります。

 

ものもらいがうつるということはありませんが、

黄色ブドウ球菌による感染は誰にでもあります。

 

目の周りはあまり触らないことや、清潔に保つこと、

汚れた手で目をこすったりしないことに気を付けましょう。

 

ものもらいを自然治癒するには何日かかる?

ものもらいの種類にもよりますが、

黄色ブドウ球菌の感染によるものの場合炎症が起きているので、

その炎症がおさまるまではものもらいも治りません。

 

元々免疫力の低下により感染している場合、

治りもその分遅れてしまいます。

 

さらにほかの細菌に

感染してしまいやすい状態にもなっているので、

 

できる限り早めに受診をして点眼薬や軟膏を塗布し、

抗菌するほうがよいでしょう。

 

もしもどうしても病院に行けないという場合は、

清潔を保ち、きれいな流水で洗浄したり、

患部に刺激を与えないことが必要です。

 

普段コンタクトレンズを使っている方は、

ものもらいによる炎症が起きている間だけでも

眼鏡に変えるなどしたほうがよいです。

 

痛みやかゆみが生じているときには、

炎症を鎮めるために清潔なタオルで冷やす

などもよいかもしれません。

 

まとめ

ものもらいはあまり珍しくないと思うかもしれませんが、

悪化すると切開するような手術が必要となることもあります。

 

出来る限り初期段階で受診し、

適切な処置を行うことが望ましいですね。

 

読んでいただき、ありがとうございました。