夏になると増えてくるのが虫刺され

 

ですよね。

 

 

虫が増えてきて蚊などが家に入って

 

寝ている間に刺されるなんてことも

 

よくあります。

 

 

外でたくさん遊ぶ子供であれば、

 

虫刺されなんて日常茶飯事ですよね。

 

 

 

そんな虫刺されですが、なにもしないと

 

子供はかゆみからかきむしってしまいます

 

 

そのせいで傷口が広がってしまい、

 

もっと腫れてしまうこともあります。

 

 

触らないでおけば治るのにと思って

 

しまいますが、なかなかあのかゆみ

 

くせ者なのですよね。

 

 

そこで今回は虫刺されの対処法について

 

紹介していきたいと思います。

 

 

 

虫刺されがひどい傷になるのを防ぐには?
かゆみを取ってあげる事!

 

 

虫刺されをかきすぎてもっとひどい傷

 

なることも多々あります。

 

 

ただの虫刺されなのにやたら腫れている子も

 

多いですよね。

 

 

ですが、かゆみは子供にはなかなか

 

我慢しがたいものがあるのも確か

 

なのです。

 

 

かいてしまうのを子供のせいにするのは

 

少しかわいそうです。

 

 

ですので、虫刺されの部分がひどく

 

ならないようにするためにはかゆみを

 

取ってあげることが大切です。

 

 

 

かゆみが出るからかいてしまうわけで、

 

かゆみさえなくなればなにも問題

 

ありません。

 

 

かゆみを抑える塗り薬は薬局にたくさん

 

売っていますので、

 

 

それらを使ってかゆみを抑えてあげるのが

 

いいと思います。

 

 

かかないで、と注意しつつもかゆみを抑える

 

なども一緒に用意してあげましょう。

 

 

 

虫刺されを冷やすと腫れもかゆみも
引いてくれる!
すぐに冷やそう!

 

 

虫に刺されると、その場所が局所的に

 

アレルギー反応が出るためかゆみが

 

出てしまいます。

 

 

このかゆみは塗り薬などで改善することが

 

できますが、手元にない時もありますよね。

 

 

そんな時は冷やしてあげるのが効果的です。

 

 

虫に刺されて腫れている部分を触れば

 

わかるのですが、腫れているのと同時に

 

熱くなっています

 

 

この熱を引かせることで腫れもひきますし、

 

かゆみも収まってくるのです。

 

 

ですので、子供が家に帰ってきて

 

虫刺されがある、その場所をかいている

 

という状況なら、

 

 

冷凍庫の氷などを使って冷やして

 

あげましょう。

 

 

これをするだけで全然かゆみの度合いが

 

変わってきます。

 

 

 

もちろんこれは薬がない状態での話に

 

なります。

 

 

薬がある場合はそちらの方が効果的なので

 

積極的に使ってあげましょう。

 

 

虫刺されはそれ自体は大したことが

 

ないことが多いです。

 

 

アブやハチに刺されたのであれば

 

痛みがひどかったりする場合もありますが、

 

 

であれば基本的には大したことは

 

ありません。

 

 

ですが、かきすぎてしまうことによって

 

バイ菌が入ってしまうこともあります

 

 

しっかり冷やしてかゆみを軽減して

 

あげましょう。

 

 

まとめ

 

 

虫刺されは対処すればなんてことない

 

ものです。

 

 

ですが、子供の場合かいてしまうことが

 

原因でもっと厄介な症状が出てしまうことも

 

あります。

 

 

きちんとした対処をしてかゆみが

 

出ないようにしてあげることが大切です。

 

 

最後まで読んでくださってありがとう

 

ございました。