こんにちは、シカサンと申します。

よろしくお願いします。

 

自分のいびきが近所迷惑になっているかもしれない

そんなことが気になる方はいませんか。

 

もちろんいびきは寝ているときにするものなので、

自分ではわからないことも多いです。

 

ですが、人によってはいびきで起きたことがあるという方や、

友達と一緒に寝泊まりした際に

いびきがうるさいと言われたりしたことがあり、

自分のいびきを意識するようになった人も少なからずいると思います。

 

そんな方は自分のいびきが壁を越えて

隣の部屋の人にも届いているのではないか、

近所迷惑になっているのであれば対策したい、

そう考えるのが自然です。

 

今回はそんな方のために、

いびきのメカニズムから改善方法に至るまで

紹介していきたいと思います。

 

いびきは睡眠の深さに関係がある!?
いびきのメカニズム!

いびきの原因はひとつではなく実は複数あるんです。

 

よく疲れて帰ってきたときにいびきをかいたり、

太っていて喉の回りに脂肪がついている場合、

寝ているときに鼻がつまっていて口呼吸をしている場合など様々です。

 

まずその理由を見つけなくてはいけません。

 

鼻がつまっている場合であればなぜつまっているのか、

その原因を突き止めて解決する必要がありますし、

疲れているのであれば別の対策を考えなくてはいけません。

 

ですが、

基本的には空気の通りが悪い状態が作られていることが原因になり、

いびきをする際は眠りが浅くなってしまいます。

 

いびきで起きたということは

他の事情でも起きるくらい眠りが浅いことになります。

 

つまり、

いびきをしているときは眠りが浅く疲れがとれないんです。

 

疲れがいびきを発生させているのですが、

快適な睡眠を行わないといびきが治らない

という悪循環にもなってしまっている可能性もあるんです。

 

ですので、睡眠の質をあげて疲れをきれいにとる必要があります。

 

いびきを改善するには枕が重要!
手作り枕で快眠に!

簡単に良質な睡眠を行うためには枕選びが大切です。

 

枕が自分にあっているかどうかで、

睡眠の質は変わってきます。

 

単純に自分の頭が一番楽な高さになっているかということも大切ですし、

気道がつぶれずに呼吸しやすい状態を作り出せているかどうかも大切です。

 

寝る姿勢が悪くて気道がうまく確保されていないがために

いびきをかいてしまうということもあるからです。

 

自分にあった枕を見つけるのに一番いい方法は

手作りオーダーメイドにすることです。

 

自分にあった高さや柔らかさに調整することで、

質のいい睡眠を実現することができますので、

ぜひ実践してみてください。

 

まとめ

睡眠といびきは意外にも密接に関係していることがわかったと思います。

 

いびきをかいているとどこか気持ち良さそうに眠っている、

ぐっすり眠っているという風に見られがちですが、

実態はそうではなく逆に眠れていないんです。

 

ですので、いびきをかかずに気持ちよく眠れるように工夫していきましょう。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。