高血圧だと貧血になりがち!?食事療法や水分補給など対策をとろう!

 

生活習慣病のひとつとしても見られている高血圧。

 

加齢や食生活によってなってしまう可能性があるものですので、

心当たりがある方も少なくないと思います。

 

若い方でもファストフードやコンビニなどで買ってきたものがメインの食事ばかりだと、

高血圧になってしまう危険性は十分にあります。

 

ですので、日々の生活から高血圧を対策していかなくてはいけません。

 

今回はそんな高血圧に悩む方のために、高血圧に対する対策について紹介していきたいと思います。

 

 

高血圧の対策は何がある?
水分補給の目安と食事療法がオススメ!

 

高血圧に対策するためには、日々の食事から改善していくことが一番です。

 

なぜかというと、高血圧の原因の可能性がありますので、

生活を改善することが効果的になります。

 

まずは飲み物です。

 

もちろん水をこまめに飲むということも大切なのですが、

もっと効果的なものとして緑茶が効果的になります。

 

緑茶は血圧を下げる作用を持っているので、

高血圧を予防するのにもってこいの飲み物なんです。

 

ですので、食後などに一杯飲むだけでも違いますのでぜひやってみてください。

 

食事に関しては、難しい栄養管理をする必要はなく、

栄養バランスを考えた食事をすれば問題ありません。

 

高血圧は基本的に食生活が乱れたときに起こるものなので、

食生活をただせば勝手に正常に戻っていきます。

 

ただしひとつ注意点があり、いくらバランスのいい食事だったとしても

高血圧の原因になりやすい塩分をとりすぎては元も子もないので、

塩分の摂取量には気を配りましょう。

 

 

高血圧の寒さ対策!
冬は温度差で血圧があがりがち!注意が必要!

 

血圧は血管が収縮した際に起こってしまいます。

 

血液の量にたいして血管が小さいと血流が通ろうとする力が強くなるので、

血圧が高くなるのは自然なことです。

 

これは寒さでも起こってしまう現象なんです。

 

正常値の人はさほど気にするような上昇はしませんが、

高血圧を持っている人は過敏に血管が反応してしまいます。

 

ですので、寒い脱衣所から熱いお風呂に入ったり、

夜中に寝室からトイレに移動する際などは気を付けてください。

 

できれば、急激な温度変化の内容に工夫をしてみてください。

 

 

まとめ

 

高血圧は様々な病気を引き起こしてしまう原因になってしまうため、侮ってはいけません。

 

対策の方法もそこまで難しいものではありませんので、

日常生活のなかで自分が実践しやすいものからやってみてください。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。