こんにちはtokimatsuoです。宜しくお願いいたします。

 

夏と言えば欠かせないアイテムの1つは「蚊取り線香!」

 

というより、プーン、と嫌な音が先に 聞こえてくる場合の方が多いかもしれませんね(T-T)

 

今回はこの蚊取り線香について皆さんがちょっと気になってたけどきちんと知らなかったことをお伝えしていきたいと思います!

 

蚊取り線香は煙?気体?
気になる効果を徹底比較!

〇電気派ですか?渦巻き派ですか?

今ではほとんどのお家では、

電気で成分を温めて気化させるタイプの蚊取りをお使いだと思います!

 

ちょっと前まではコンセントにつないで…

が当たり前だったのに今ではそれすらコードレスのものも!!

便利です(;´д⊂)

 

さらにその前の蚊取りと言えばもちろん「蚊取り線香」ですね!

(渦巻きのやつです!)

 

お家によっては、今もこちらの蚊取り線香をお使いだと思います!

電気タイプが出ているのにまだまだ現役の渦巻き蚊取り!あっぱれ!!\(^o^)/

 

とはいっても煙の出る量が全く違いますよね?

私も昔、夜、部屋で使っていて毎晩渦巻き蚊取りに燻されていましたw

この煙の出る量によってその効果に違いはあるんでしょうか?

 

〇蚊取りは昔は棒状だった

初代の蚊取り線香は名前の通り線香の形(棒状)でした。

ですが、お香のように立てて使うため燃焼時間が短く40が限界!

 

しかも途中で折れてしまい火事の原因になったという話もあります。

これが偶然のひらめきで今の渦巻き型になったというのは歴史のお話。

(ひらめきの話はWikipediaを参照にしてください(^^))

 

渦巻き状になったお陰で燃焼時間も平均7時間と長くなり安全性も増したんです!

 

Wikipedia:(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%9A%8A%E5%8F%96%E7%B7%9A%E9%A6%99

 

〇そもそも何が蚊に効くの??

ここで蚊取り線香の何が蚊を撃退してくれるのかを説明しなくてはいけません!

 

蚊取り線香の主成分は「除虫菊」という薬草です。

詳しい成分などは後でお話ししますが、

この除虫菊の成分が拡散することで蚊を撃退してくれます\(^o^)/

 

この成分は蚊取り線香の煙に含まれています。

この成分を実感しやすいのはあの独特の蚊取り線香の匂い

(除虫菊の匂いです。)

つまり、あの匂いのするところは蚊取り線香の効果があると言うことなんです!(‘-^*)ok

 

〇効果があるのは6畳程度!?

効果のある成分の広がる範囲ですが、

やはり蚊取り線香が一番分かりやすいです!

なんと言っても、煙が成分を運んでいるので煙の広がる範囲をみていれば一目瞭然!!

 

それをみていると…だいたい煙が広がっていくのは6畳程度なんです!

もちろん、電気タイプの蚊取りも同じです。

 

〇スプレータイプとの差は?

他にも、今はスプレータイプの蚊取りもありますね!

あれとはどちらの方が良いのか…。

 

断然、渦巻き蚊取りをおすすめします!!

理由は簡単!

 

  • 噴射が一瞬なので、直ぐに効果が流されてしまう
  • 使いすぎる

 

下手をすると1年に何本も買うことに…(T-T)

そんな心配もしないで済む、目に見えて減りも効果も分かる渦巻き蚊取りがおすすめです!

 

渦巻き蚊取りは、風上窓を開けている場合は窓際に置いておくと効果バツグンです!!(^^)v

(燻されないようにだけ注意してくださいw)

 

蚊取り線香は体に悪い?
煙の正体は〇〇!

〇効果の秘密は〇〇!!

皆さんは蚊取り線香に含まれている効果は、

なにかしらの気体、どちらだと思いますか?

 

今までの話から予想がついている方もいるとは思いますが、

正解は……

 

!! に含まれている成分

(つまり気化したもの!!)

 

なので、皆さん正解!!\(^o^)/

 

ここで蚊取り線香に含まれている物質のお話です!

前にもお伝えしました蚊取り線香には重要な「除虫菊」。

 

この中には「ピレスロイド」という成分が含まれています。

この成分は小さな虫への殺虫効果があります。

また、体の神経を麻痺させる作用も持っています。

 

つまり蚊の殺虫効果だけではなく、

ギリギリ成分が届く範囲にいた蚊も危険を感じて近寄ってこないんです。

 

〇人に害は!!?

いつもの雑学のような化学物質の話と違うのはここからです!

 

殺虫効果ってちょっと待って!人の体には影響ないの!?

 

と思いますよね?

ビックリしてしまうのも当然です(>_<)

これは安心してください!!

 

人はこの「ピレスロイド」を体内で分解し無毒化することができます。

(イヌ、ネコなどほ乳類も同じ。ただ、カブトムシやお魚を飼っているお家は気をつけてください。危険です)

 

つまり人害はありません

 

しかも、赤ちゃん妊婦さんにも基本的に害はありません。

安心して使ってください!

 

万が一体調が悪くなった場合は直ぐに使うのを止めてくださいね!

 

ただし、化学物質に弱い方は、

レモングラス」や「ユーカリ」などの

ハーブで代用することをおすすめします!(^_^)

 

ですがここでも注意が。

妊婦さんはレモングラスは使わないでください!

体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

色々と説明をさせていただいて最終的には除虫菊に帰ってくる。

(化学物質に弱くなければ)

 

蚊取り線香を発明した人ってすごいですね…。

 

まとめ

今回の話で、夏の厄介者、蚊をやっつけてくれる

蚊取り線香についての疑問は解決できましたか?

あの煙や匂いに不安を感じていた人も安心してください!!

 

夏の風物詩でもある蚊取り線香!

いつもは使っていないお家でも、今年は使うと少し変わった夏が過ごせそうですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。