かんたん加湿!タオルやペットボトルなどおうちにある物ですぐできる加湿法

こんにちは、シカサンと申します。

よろしくお願いします。

 

風邪などの体調不良の原因にもなる湿度、

家の湿度が乾燥していて

風邪をひいてしまった経験はよくあると思います。

 

家の湿度には気を付けたいところですよね。

 

湿度が低くても対処法がわからない、

という方も少なくないです。

 

湿度を上げたいけど

加湿器を購入するほどではない

というパターンです。

 

ですので、

今回は部屋を加湿するための

手軽な方法を紹介していきたいと思います。

 

冬は乾燥が気になる!
タオルをに濡らして吊るすだけでも加湿に効果はある!

冬になれば乾燥することは免れません。

 

もちろん加湿を行うことで防ぐことができますが、

怠るとどうしても湿度が下がってしまいます。

 

そんな時に手軽にできる加湿の方法として、

濡れタオルを干しておくという方法があります。

 

わざわざ濡れタオルを用意するのではなく、

加湿したい部屋に洗濯物を干すのでもいいです。

 

そうすることで、

タオルや洗濯物に含まれている水分が蒸発し、

部屋の湿度を上げることができます。

 

これなら加湿器も必要としませんし、

いつでも手軽にできるのでとても簡単です。

 

そのまま干しておいても湿度は上がるのですが、

干している場所だけが加湿され、

 

そのほかの部屋は乾燥したまま、

という状況になりがちです。

 

ですので、

扇風機などを用いて部屋の空気を循環させることで、

湿った空気が部屋全体にいきわたりますので、

そちらも合わせてやってみるといいと思います。

 

冬の湿度に悩んでいるという方は

ぜひこの方法から試してみてください。

 

ペットボトルとタオルで加湿器になる!
簡単ペットボトル加湿器の作り方

加湿器の購入を渋っているけど

部屋の加湿は行いたいという方は、

ペットボトル加湿器を試してみるのがお勧めです。

 

加湿器と聞くと、

どこか本格的なもののように思いますが、

とても簡単に作ることができます。

 

まずペットボトルを

半分以上の高さを保ったまま上の部分を切ります。

 

イメージとしては

ペットボトルで花瓶を作るようなイメージです。

 

そして切ったペットボトルの中に

水を吸い上げるものを入れます。

 

新聞紙やキッチンペーパーを丸めて

高さを維持しながら入れます。

 

下の部分に水を入れると、

水を吸い上げて上の部分から

どんどん蒸発していきます。

 

それにより加湿器のように

湿度を上げることができます。

 

簡単ですし場所も取りませんので

作って効果を体験してみてください。

 

まとめ

乾燥は意外と簡単な方法で防ぐことができます。

 

要は水を簡単に蒸発できる仕組みを

作ればいいだけなんです。

 

濡れタオルやペットボトル加湿器はもちろんのこと、

自分に合った加湿の方法を模索して、

 

部屋の湿度が乾燥しないように

工夫してみてください。

 

それだけで冬の乾燥からの

風邪を防ぐことができますよ。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。