こんにちは!

 

二人の男児を子育て中のチキンです。

 

寒い季節には暖房として、

 

 

暑い時期には冷房として

 

大活躍のエアコン

 

 

我が家でも

 

 

大変お世話になっております。

 

 

でも

 

 

エアコンをつけっぱなしにしていると

 

 

なんだか喉が痛かったり

 

 

 

肌が乾燥してくるような・・・

 

 

 

これってエアコンのせいなのかしら?

 

 

・・・その通り!

 

 

エアコンのせいでもあるのです。

 

 

もともと冬の空気は乾燥していますが、

 

 

 

それがなぜかは

 

 

また今度お話するとして・・・

 

 

 

 

夏は冬よりも

 

湿度が高いはずなのに

 

何故、乾燥してしまうのでしょうか?

 

 

 

 

それはエアコンの仕組みによるものなのです。

 

 

 

 

エアコンは簡単に言えば、

 

 

部屋の空気を機械の中に取り込んで、

 

 

その空気を

 

温かい空気もしくは冷たい空気に変換して、

 

 

部屋の中に戻す機械がエアコンです。

 

 

 

 

温かい空気は

 

 

冷たい空気よりも

 

 

多く水分を含むことができ、

 

温かい空気をエアコンのなかに取り込んだ際、

 

 

一緒に部屋の空気中にあった水分も

 

 

取り込んでしまいます。

 

 

 

そして、

 

 

そのとき空気とともに

 

 

取り込まれた水分は

 

 

 

室外機から外へ放り出され・・・

 

 

 

結果的に

 

お部屋のなかの空気が含む水分量は減り、

 

 

湿度が下がる=乾燥する

 

 

 

という仕組みになっているのです。

 

 

 

 

 

◎エアコンの乾燥がひどくて肌荒れ・・・どうにかしたい肌荒れにスペシャルケアを!

では、

 

 

エアコンによる乾燥が引き起こす肌荒れ

 

 

 

・・・なぜ乾燥すると

 

 

 

 

肌荒れが起こるのでしょうか?

 

 

 

皮膚の表面には角質層があり、

 

その上を皮脂膜が覆っています。

 

 

 

 

角質層は水分や、

 

 

天然の保湿成分を含んでいて、

 

 

肌に潤いを与えてくれています。

 

 

 

 

 

その角質層の水分が

 

蒸発しないように

 

バリアしているものが皮脂膜です。

 

 

 

 

 

皮脂膜は

 

皮脂と水分からできた

 

 

 

保湿クリームのようなものです。

 

 

 

 

しかし、

 

肌が乾燥してくると、

 

角質層の水分は不足しはじめ、

 

 

皮膚は柔軟性を失います。

 

 

 

 

 

 

柔軟性が失われた皮膚

 

ひび割れたり、

 

皮がむけたり、

 

 

いわゆる肌荒れの状態となります。

 

 

 

 

 

また、空気の乾燥だけでなく、

 

 

アクリルやナイロンなどの化学繊維は、

 

 

皮膚の水分を奪ったり、

 

 

かゆみを誘発したりするので、

 

エアコンをかけっぱなしの部屋で過ごすときには、

 

 

保湿性のある

 

 

木綿素材の肌着を着用するなど

 

 

 

を意識するのが、

 

おすすめです。

 

 

 

 

 

 

化学繊維の衣服を着用する際は、

 

 

 

木綿素材の肌着

 

を着た上からにすると、良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

一日中

 

 

エアコンのよく効いた部屋にいて、

 

 

乾燥が気になった日などは

 

 

 

 

お風呂にも注意が必要です。

 

 

 

 

 

入浴する際のお湯の温度を

 

 

 

39°から40°のぬるめにしましょう。

 

 

 

 

 

 

熱いお湯は皮脂を奪うので、

 

 

 

肌が乾燥していると

 

 

感じたときには

 

 

特に気を付けてください。

 

 

 

 

 

長時間の入浴によっても

 

皮脂は失われます。

 

 

長くても

 

15分程度にするよう心がけましょう。

 

 

また、

 

体を洗う際は、

 

 

石鹸をよく泡立て、

 

 

皮膚を刺激しないように

 

 

やさしく洗いましょう。

 

 

 

 

皮脂を失った肌は

 

 

とてもデリケートです。

 

 

バリア機能が低下しているため

 

 

刺激が大敵です。

 

 

 

 

◎エアコンで乾燥しないようにするには?かんたん乾燥対策法!

一番大切なことは、

 

やはり「加湿」です。

 

 

空気中の水分が

 

エアコンに奪われていくので、

 

 

足りなくなったものは足すしかありません。

 

 

 

 

加湿にはやはり、

 

加湿器が良いですね。

 

 

 

加湿器にも

 

 

「スチーム式」

 

 

「気化式」

 

 

「超音波式」

 

 

「ハイブリッド式(温風気化式/加熱超音波式)」と、

 

 

 

 

色々なタイプがあるので、

 

それぞれのメリットデメリットを比べながら、

 

 

 

自分のライフスタイルに合うものを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

 

また、

 

喉の乾燥対策には

 

「保湿マスク」もおすすめです。

 

 

 

濡れマスクとも呼ばれており、

 

 

 

 

最近では

 

 

コンビニや

 

ドラッグストアでも多く見かけます。

 

 

 

保湿マスクをすることにより、

 

 

鼻やのどの粘膜が乾燥するのを防ぎ、

 

 

ウイルスの侵入をガードしてくれます。

 

 

粘膜が乾燥すると、

 

バリア機能が低下しアレルギー物質にも弱くなるため、

 

 

のどや鼻の乾燥をマスクで防ぐことは風邪はもちろん、

 

花粉などにも効果的です。

 

 

 

◎まとめ

エアコンは、

便利な道具ですが、

 

 

構造上、

 

 

空気中の水分を奪ってしまいます

 

 

 

簡単な対策としては、

 

 

 

 

加湿器を使うことですが、

 

喉の乾燥対策として考えると、

 

 

 

 

マスクをすることでマスク内の湿度が上がり、

 

 

肌にも潤いを与えてくれます

 

 

口元の乾燥によるほうれい線ケアや、

 

唇の荒れなどにも良いですね。

 

 

 

 

 

人間の体は

大人で60%から65%程度が

 

水分だと言われています。

 

 

それだけ人にとっては大事な水分。

 

 

乾燥から身を守るために上手に加湿しましょう

 

以上、読んでいただきありがとうございました。