こんにちは、シカサンと申します。

よろしくお願いします。

 

 

夏になれば、

アウトドアの遊びとして

行くことの多い

 

 

楽しみにしている人は

たくさんいらっしゃると思います。

 

夏になる前にダイエットを始めた

なんて人も、

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そんな海ですが、

海の生物が牙をむいてくることがあります。

 

 

クラゲはその代表例です。

 

「クラゲが近くまで来ている」

という注意を見ていなかったり、

 

沖まで泳いでいるときに

クラゲに刺されてけがをすることも

しばしばあります。

 

 

実はクラゲにはがあり、

毒が強い種類に刺されてしまうと

重度の症状が出ることもあるんです。

 

 

クラゲに刺された場合に効く薬はどんなものがある?

クラゲに刺されて

毒が体に入った時は、

薬が欲しいですね。

 

ですが、

クラゲに刺されたことによる症状や

効果的な薬を知らなければ、

どんな薬を使えばいいのか分からないでしょう。

 

 

クラゲに刺されたときの

基本的な症状は、

に刺されたときの症状と

似ています。

 

なので、蚊に刺されたときと同じく

かゆみを抑える薬が効果的です。

 

また、クラゲの毒は

炎症も引き起こすので、

 

かゆみに対して効く薬の中でも

炎症を抑えてくれるものだと

さらに効果があります。

 

 

基本的に塗り薬

炎症を抑える効果を持っているので、

 

薬局などでは塗り薬を中心に

探すと良いでしょう。

 

 

また、

蚊に刺された場合と違い、

クラゲに刺されたときは

患部に触手がついている場合もあります。

 

 

クラゲに刺されたときにのための

特別な対処法もありますので、

確認して正しく準備しておきましょう。

 

 

クラゲに刺されたらかゆみが出る!実はかゆみは危ない?

クラゲに刺されたときに

その部分に痒みを感じた方。

 

たかが痒みで、気にする必要はない。

そんなふうに思った方はいらっしゃいませんか?

 

 

それは間違いです。

このようなときには、

すぐに病院に行ったほうがいいです。

 

なぜかというと、

クラゲの毒は

アナフラキシーショックを起こす

可能性があるからです。

 

 

アナフラキシーショックというのは

アレルギーの症状の一種で、

 

突発的に重度のアレルギー症状が

起こってしまうものです。

 

症状が重い場合には

呼吸困難になることもあります。

 

このような危険があるので、

「痒いだけだから大丈夫」と思うのではなく、

しっかりと対処する必要があります。

 

 

まとめ

海で泳いでいると、

クラゲに刺されることは

意外と多くあります。

 

サーフィンをする方や

海に潜ることの多い職業の方にとっては、

日常的なことだったりします。

 

 

クラゲの毒は弱い物でも

アレルギー症状を起こすことがあり

注意が必要です。

 

また、注意散漫になっていると

特に毒が強いクラゲに

刺されるかもしれません。

 

 

できる限り

クラゲに刺されないように泳ぐこと

 

そして海に行く前に

薬を準備しておくこと

おすすめします。

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。