日焼けは肌だけじゃない! コンタクトも使って目を紫外線から守ろう!

 

 

こんにちはtokimatsuoです。

 

宜しくお願いいたします。

 

 

 

今回は

 

暑くなればなるほど気になる、

 

日焼けのお話を

 

していきたいと思います!

 

 

しかも必見、

 

「日焼け=日焼け止め」

 

以外の方法

 

紹介していきます!!(^O^)

 

 

さあ、日焼けを防ぐ準備を

 

整えていきますよ!!

 

 

 

〇コンタクトと紫外線?

 

 

初めのタイトルを見て、

 

コンタクトと紫外線って

 

何か関係があるの?

 

と思った方もいると思います!

 

 

実は、

 

とても大きな関係があるんです!!

 

 

紫外線は肌に直接

 

降りそそぐだけではなく、

 

 

黒目部分を通しても

 

体内に入ってきます。

 

 

その現象がかなり厄介なんです!!(T-T)

 

 

これに、

 

コンタクトが関係してきます!

 

 

 

〇その仕組み

 

 

黒目から紫外線が入ってくると、

 

体はそれを察知して

 

 

「これからもっと

 

紫外線が入ってくるぞ!」

 

という指令を勝手に出し、

 

 

体を守ろうとします。

 

 

 

これによって、

 

私たちにとっては困ったことに、

 

 

肌に紫外線を受けていなくても

 

メラニン(シミやソバカスの原因物質です)

 

の生成につながってしまうんです!!(*_*)

 

 

 

最近ではよく

 

テレビなどでも紹介されるので、

 

ご存知の方も

 

いらっしゃったでしょうか?

 

 

 

〇対策にコンタクト!?

 

 

 

その対策に

 

サングラスを掛ける方も

 

多いと思いますが、

 

 

最近はコンタクトの種類が

 

視力矯正用以外のものも

 

本当に増えてきました!

 

 

カラーコンタクト、

 

黒目を大きく見せるコンタクト、etc…

 

 

そこで

 

オシャレのために

 

コンタクトを使っている方には

 

必見!

 

 

UVカットのコンタクト

 

使ってみませんか?

 

 

 

もちろん、視力矯正用でも

 

UVカットされているものを

 

選ぶのがベストです!!

 

 

 

コンタクトは

 

メガネやサングラスとは違い、

 

紫外線が入ってくる黒目を

 

ピンポイントでカバーしてくれます!

 

 

 

オシャレのためだけではなく、

 

紫外線対策としても

 

コンタクトの有効活用をしてみませんか!?

 

 

 

何でこんなに

 

長々と書いているのかって?

 

 

それは、私自身が

 

生粋のメガネユーザーで、

 

眩しいのが苦手だからですw

 

(目が悪い人は、

 

自然と日光にも

 

弱くなる場合があります)

 

 

 

〇おまけの知識

 

 

 

こちらも、

 

最近では教養バラエティー番組などで

 

取り上げられるように

 

なったことですが。

 

 

サングラスされる方、

 

真っ黒な物を選んではいませんか?

 

 

1番効果がありそうですが、

 

注意です!

 

 

暗い視界で、

 

目が良く物を見ようとして、

 

瞳孔が勝手に

 

大きく開いてしまいます!!

 

 

紫外線を多く

 

取り入れてしまうんです!!(涙)

 

 

 

サングラスを選ぶ際は、

 

UVカットなのはもちろんですが、

 

色の薄いもの

 

オススメします!!(^^)

 

 

 

 

【日焼けの対策は体の中から! 紫外線を吸収しやすい・吸収しにくい食材があった!】

 

 

〇そんなのアリ!?

 

 

 

皆さんは、食材によって

 

紫外線を体内に吸収する量が

 

変わるってこと、

 

ご存知でしたか?

 

 

しかもそれは、

 

朝食べるか、夜に食べるか

 

違いによっても

 

変わってくるんです!!

 

 

 

ここでは、紫外線を

 

体内に吸収しやすい食べ物、

 

しにくい食べ物から、

 

 

1日のうち

 

どの時間帯に食べるのが良いのか

 

というお話も

 

していきたいと思います!

 

 

 

〇ソラ……

 

 

ソラニンは主に

 

ジャガイモの芽に含まれる毒なので

 

関係ないですw

 

 

ソラレンという物質が含まれている

 

果物や野菜が、

 

今回の主役です!

 

 

このソラレンですが、

 

紫外線を体内に吸収するという

 

光毒性を持っているんです!

 

 

ソラレンを含む食べ物は

 

 主な柑橘類、キウイ、アセロラ、大葉、

 

 パクチー、キュウリ、セロリ など……

 

 

これらを朝に摂取してしまうと

 

良くありません!

 

 

 

ソラレンは、摂取後に

 

7~8時間かけて

 

紫外線の吸収を活性化させる

 

作用があるんです!!

 

 

つまり、

 

朝に食べてしまうと

 

どんどん体内に

 

紫外線を吸収することに

 

なってしまいます(T-T)

 

 

 

〇良い効果も!

 

 

このソラレンですが、

 

朝ではなく夜に摂ると、

 

お肌にとって

 

良い働きをしてくれます!

 

 

寝ている間に、

 

紫外線で傷付いた細胞を

 

修復してくれます!

 

 

しかも、

 

カルシウムやコラーゲンの

 

栄養素になってくれるんです!!

 

 

 

朝に

 

柑橘系のフルーツジュースなどを

 

作って飲んでいる方、

 

 

紫外線対策のためには

 

 

夜に飲んだり、

 

デザートで食べたりすることを

 

オススメします!!

 

 

 

〇紫外線を吸収しにくい食べ物

 

 

 

紫外線を吸収しやすい

 

食べ物がある一方、

 

 

紫外線を吸収しにくい

 

食べ物もあります!!

 

 

それが

 

赤色の食べ物」!!

 

 

 

赤色の食べ物には

 

抗酸化力があり、

 

紫外線のダメージから

 

肌を守ってくれます!!

 

 

具体的には、

 

 イチゴなどのベリー系、トマト、バナナ、

 

 ブドウ、ニンジン、抹茶、小豆 などなど……

 

 

 

〇天然の日焼け止め!

 

 

中でも特に、

 

スイカ、サツマイモ、カカオ

 

には

 

 

ポリフェノール

 

アントシアニン

 

多く含まれています。

 

 

そのためにこれらの食材は

 

天然の日焼け止め

 

とも言われて いるんです!!

 

 

 

参考:

 

「紫外線を吸収しやすい食べ物と、紫外線吸収を防ぐ食べ物。」(https://gamp.ameblo.jp/kuminchukitchen/entry-12181154317.html

 

 

 

【日焼け対策はいつまで? 意外と9月はまだまだ紫外線が強い危険な季節なんです!】

 

 

〇9月も油断禁物!!

 

 

 

紫外線の量って、

 

1番暑い8月に多くて、

 

後は少ないと考えている方

 

いらっしゃいませんか??

 

 

その考えは危険!

 

 

紫外線対策は8月を越えても

 

まだ必要です!!

 

 

特に注意してほしいのが

 

9、10月!

 

 

この期間は、

 

8月の紫外線量までとはいきませんが、

 

真夏の時期の

 

 40~70%

 

に相当する量の紫外線が

 

降り注いでいるんです!

 

 

 

〇曇りの日も同じ

 

 

同様に、

 

直射日光に当たらない曇りの日でも

 

紫外線は降り注いでいます。

 

 

今まで油断していた方はいませんか?

 

 

とくに

 

日光が強くなり、紫外線量が増える

 

7月~10月は

 

 

紫外線対策、

 

油断しないで下さい(^^)b

 

 

 

〇シミやシワの原因!

 

 

年をとるごとに

 

増えてきてしまう

 

シミやシワ……。

 

 

女性の大敵です!

 

 

これができる原因も

 

紫外線にあります。

 

 

しかもそれが起こる速度は、

 

浴びた紫外線の総量

 

決まってきてしまうんです!!

 

 

早めの、

 

そしてこまめな対策が

 

いつまでもキレイな肌を

 

守っていく秘訣なんですね!!(*^▽^*)

 

 

 

【まとめ】

 

 

今回は日焼け対策について、

 

日焼け止め以外の方法を

 

紹介してきました!

 

 

目を守ったり、

 

食べ物に気を付けたりすることで、

 

 

日焼けを防ぐことも出来るんです!

 

 

 

ぜひ今年は

 

日焼け止めだけではなく、

 

食べ物の力も借りて

 

 

紫外線対策をしてみてください。

 

 

 

それと、

 

1番暑い8月を越えても、

 

紫外線対策を怠らないで下さいね(^O^)

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました。