最近ではネットやSNSの伝達などからか、

 

それとも最近の子供の変化からなのか

 

わかりませんが、偏食の人が多いように見えます。

 

 

野菜全般が食べれないという方や生魚すべてが

 

食べれないという人。

 

 

炭水化物が全く食べれない人もいたりします。

 

 

もちろん食べれない人からしたら望んでそうなったわけはないのですが、

作る方も食べる方も大変です。

 

 

また好きなものばかり食べる偏食もいます。

 

 

これも治していかなくてはいけませんよね。

 

 

そしてこの偏食、体にも影響を与えてしまうんです。

 

 

必要な栄養が取れていないと、

免疫力が低下したり便通が悪くなったりと、体に異常が出てきてしまいます。

 

 

今回はそんな偏食について

 

紹介していきたいと思います。

 

 

 

偏食がちの子どもが心配!野菜不足を簡単に解消できるレシピ!

 

 

野菜が嫌いで食べれないという偏食の子供は

 

結構多いと思います。

 

 

すべてが食べれないわけじゃなくても

 

嫌いな野菜が多いと料理もしにくいですよね。

 

 

ですが、意外と工夫することで野菜を食べてくれる料理にアレンジすることができます。

 

 

例えばハンバーグです。

 

 

細かく切った程度の野菜だとどうしても

 

味やにおいがハンバーグに残ってしまいます。

 

 

ですので、フードプロセッサーなどで

 

ペースト状にすることで味をわからなくして

 

食べさせるという方法が手軽で便利です。

 

 

これはいろんなものに応用できますので

 

お勧めのやり方です。

 

 

ペーストであれば混ぜることも溶かすことも

 

簡単ですからね。

 

 

子供が好きな肉料理やカレーといった

 

味の濃い料理に混ぜるとわかりにくくなるので

 

ぜひやってみてください。

 

 

 

偏食をなくしたい!子どもの好き嫌い改善方法と成長による味覚の変化!

 

 

子供の偏食は成長にも大きく左右してきます。

 

 

必要な栄養が取りにくくなるなんてことにも

 

なりかねませんので、どうにかして食べさせたい

 

ところですよね。

 

 

偏食の子供は、強烈に好きなものがあるというよりも、嫌いな食べ物に対しての印象が悪すぎるという場合が多いです。

 

 

たとえば、最初に食べたにんじんの料理が

 

まずすぎた、などです。

 

 

このような悪い印象や思い出があると、味を

 

いくらおいしくしてもなかなか食べてくれません。

 

 

そこでおすすめなのがいい印象に

 

書き換えることです。

 

 

嫌いな食べ物をおいしくできるレシピをまず探し、それを一緒に作るのも効果的です。

 

 

自分で作ることによって料理に愛着がわきますし、それがおいしいとその食材の印象も全然違います。

 

 

これをやれば偏食の子供も徐々に食べられるものが増えてきますので、偏食に困っている親御さんは

 

ぜひ試してみてください。

 

 

また、味覚は成長することで変わってきます。

 

 

昔は食べられなかったピーマンが

 

今ではおいしいという方も多いと思います。

 

 

ですので、どうしても無理なものは無理やり

 

食べさせるのではなく、時間が解決してくれるを

 

待つのも一つの手かもしれませんね。

 

 

まとめ

 

 

偏食は料理をする側も食べる側も大変です。

 

 

色々な工夫をして食べさせたり、

 

偏食を治す努力をしてみましょう。

 

 

最後まで読んでくださって

 

ありがとうございました。