その日に解消! アイケアグッズで、疲れを取る秘密の体操とは?

 

こんにちはtokimatsuoです。宜しくお願いいたします。

 

 

皆さんは、目の疲れに悩まされていませんか。

 

 

そもそも、仕事はパソコンがほとんどだし、

 

家に帰れば、スマホやパッドをいじってしまうこの時代です。

 

(実際に皆さんも、今ご覧になっています)

 

 

昔に比べたら、それはもう、目も疲れて当たり前です。

 

 

そんな、現代を代表する疲れの一つとも言える、目の疲れ。

 

 

今回はこの解消法について、ご紹介していきたいと思います。

 

 

◯疲れ目解消体操!

 

 

グッズなどの準備物は不要です。

 

 

簡単な目の体操で、疲れを取る(目の筋肉をほぐす)

 

方法をご紹介します。

 

 

◯目玉をクルクル!

 

 

この体操は、パソコン作業や細かいものを集中して見る方に、

 

お勧めの目の疲労回復体操です。

 

 

1、目をギュッと閉じて、パッと開く

 

2、黒目だけを左右に動かす

 

3、同じように、黒目だけ上下に動かす

 

 

これを、30分に1回程度やるだけで、目の回りの筋肉を、

 

ほぐしてあげることができます。

 

 

◯ギュッっとして、パッとして!

 

 

この目の体操は、老眼の予防にもなります。

 

 

1、目をギュッと閉じて、パッと開ける

 

2、頭を動かさないよう注意しながら、黒目だけぐるりと1周

 

 

これを1~2分繰り返せばオッケーです。

 

 

◯他にも、疲れはこうしてとれる!

 

 

例えば

 

●目がショボショボしてきた

 

この場合は、目の回りの血行不良が原因です。

 

ホットタオルや目を温めるグッズで、血行を良くしてあげてください。

 

 

●目が充血している

 

これは、目が疲れで炎症を起こしています。

 

先程とは逆に、冷やしてあげましょう。

 

 

●目のショボショボと、充血のダブルパンチ

 

おめめが、相当お疲れです。

 

こんなときには、目を温める、冷やすということを、

 

交互にしてあげてください。

 

 

これで、目の疲れがとれます。

 

 

参考(http://www.shiroyama-y.co.jp/Must/Eye/eye_body_3top.html

 

 

 

アイケアにマストな食材は?
疲労予防に必要な栄養素を、毎日摂取!

 

 

◯沢山あるぞ!

 

 

アイケア食材と聞いて、皆さんは一番に何を思い浮かべましたか。

 

やっぱり、最近よく聞く、「ブルーベリー」でしょうか。

 

 

勿論、ブルーベリーのアントシアニンも効果大ですが、

 

アイケア食材は、それだけではありません。

 

 

◯先ずは、アントシアニン!

 

先ほどもご紹介しました、アントシアニンは

 

「抗酸化作用」があります。

 

 

代表的な食材は、

 

ブルーベリー、赤ワイン、小豆など、見た目が赤い色

 

の食材に含まれていると考えてオッケーです。

 

 

◯ルテイン

 

こちらも効果的です。

 

 

代表的な食材は、

 

ブロッコリー、モロヘイヤ、ほうれん草などの、緑黄色野菜に

 

含まれている栄養素と覚えていてください。

 

 

◯ビタミンA

 

こちらも、上で紹介した緑黄色野菜に多く含まれています。

 

(緑黄色野菜さすがです)

 

 

ビタミンAは、目の粘膜を保ち、潤いを与えてくれます。

 

 

◯ビタミンCと、ビタミンE

 

ビタミンCには、「抗酸化作用」があります。

 

 

ここで、ビタミンEを含む食材の登場です。

 

 

代表的な食材は、

 

アボカド、ブロッコリー、ナッツ類などで、

 

 

特にビタミンEを含む食材は、油脂と一緒にとると、

 

体内への吸収が良くなります。

 

 

そして、ビタミンCを含む食材との合わせ技で、

 

抗酸化作用が強まります。

 

 

ビタミンCとEは、セットで取るとオトクです。

 

 

参考(https://www.alcon.co.jp/stories/eyecare-menu

 

 

 

アイケアだけじゃない!
疲労となる原因を知って、疲れを元からなくす方法とは?

 

 

◯ほぼ現代病!?

 

 

最初にもお話しさせて頂きましたが、数年前に比べて、

 

本当に身の回りには、目を疲れさせる道具が沢山あります。

 

(小さい頃の眼精疲労の原因と言えば、本とテレビくらいでした)

 

 

時代は変わりました。

 

 

それだけではなく、目を疲れさせる原因は、他にもあります。

 

 

◯そもそも何で疲れるの?

 

 

はい、私の掘り下げ話の時間です。

 

短い話なので、少しだけお付き合い下さい。

 

 

目が疲れてしまうのは、その原因になる、

 

パソコンやスマホ、細かい作業などで、

 

 

目のピント調節をしている、

 

「毛様体筋」という部分が疲弊して、

 

目の疲れを感じるのです。

 

以上です。

 

 

◯こんなことも原因に!

 

 

実は目を疲れさせる原因には、

 

 

●度の会わないメガネ、コンタクトを着ける

 

●老眼や自律神経の乱れによる血流の悪化

 

 

も含まれます。

 

 

◯その原因も解消!

 

 

つまり、メガネやコンタクトをしている方は、

 

きちんと度が合ったものを使う。

 

(特に近くの作業の場合に、度のきついものは禁物です)

 

 

自律神経を整える方法を活用する。

 

(食事や寝る前の入浴でも、整ってきます)

 

 

などの方法があります。

 

 

◯解消法を大紹介!

 

 

先ずは、目にも、「小まめな休憩」をとってあげましょう。

 

理想は、1時間に15分の休憩がベストです。

 

 

この時に、目がショボショボ疲れの方は、

 

蒸しタオルを目に当てると、効果抜群です。

 

 

また、

 

パソコンやテレビからは、適度な距離を取ってください。

 

具体的には40cm程度、画面はやや下に置いた方が、

 

目への負担が減ります。

 

 

部屋の明るさや湿度も大事です。

 

(湿度は私も意外でした)

 

湿度は、目の乾燥を防いでくれる助けになります。

 

 

そして、最初の方でご紹介した、アイケア食材です。

 

これをとって、疲れも解消です。

 

 

参考(https://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=tsukareme)

 

 

今回は、

 

現代では避けたくても避けきれない、目の疲れに対抗する

 

アイケアについて、効果のある食材やその解消法を、

 

ご紹介してきました。

 

 

これを読んで、自分にあったアイケアの方法を、

 

見付けていただけたら嬉しいです。

 

(私も記事を書き終え、目の休憩にします)

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。