冬場の就寝時は
どうも冷えて寝づらいので
ついつい暖房をつけてしまいます。

暖房はすぐ温かくなり
とても快適なのですが、

同時に乾燥が気になって

しまいますよね。

 

肌や髪がパサついたり、

鼻や喉も乾燥するので
風邪の原因になって
しまったり

 

そこで今回は

暖房による乾燥対策を調べましたので、
ご紹介したいと思います。

 

〇暖房で乾燥する?顔は布団から出てるから乾燥しやすい!対処法はある?

暖房を
つけっぱなしにしていると
乾燥が気になりますよね。

乾燥対策に
まずは、
寝る前に水分補給をすること。

朝起きた時に
水を飲むように
寝る前にもコップ1杯の
お水
飲みましょう。

 

ただ
寝ている時にも
どんどん水分は
奪われていきます。

そこで次にしたい乾燥対策は、
部屋の湿度を上げることです。

 

理想的な部屋の湿度は
4060%ほど
と言われています。

ただ60%となると
部屋もカビてしまうので
注意です。

 

濡れタオル
ハンガーにかけておくのも良いですが

加湿器を使う事も
おすすめです。

 

加湿器は
水がある程度
蓄えられるようになっているので

就寝時でも
自動で蒸気で散布してくれます。

 

できれば加湿器
部屋の中央、テーブルなどの
高い位置に置く
湿った空気
部屋中に広がってくれます。

 

ただし、
加湿器をつけっぱなしにしてしまうと
カビやダニが発生しやすくなるので
適度な湿度を保つ事が大切です。

寝る時に加湿器をつける場合は、
タイマーがついた加湿器を使ったり
ある程度の時間が経ったら
自動的に電源が切れるような加湿器
選びましょう。

 

暖房が切れる時に加湿器も
一緒にタイマーが切れるように
セットすると良いと思います。

加湿器を使用する事で
暖房の設定温度
低くすることができるので
実は節電に繋がるのです。

 

理想的な室温と湿度を保つ事により
肌に潤いを与え
美肌を保つ助けになり
良質な睡眠も期待できるので
まさに一石二鳥といえますね。

〇暖房で髪も乾燥する!?意外と見落としがちな髪の乾燥対策もしておこう!

寒い時期に
快適に過ごすためにも
暖房はかかせませんよね。

ですが、

暖房は肌へはもちろん
髪も乾燥してしまう
原因のひとつなんです。

冬場は、
もともと乾燥した空気のため
暖房を使うことで
更に空気が乾燥してしまいます。

 

空気が乾燥すると、
髪の毛の内部の水分が
空気中に放出されて
減少する為
髪が広がって
パサつきやすくなってしまうのです。

 

乾燥状態が続くと
髪の毛に静電気を帯び
髪の毛のキューティクルもはがれて
枝毛などの原因にもなります。

 

暖房による
髪の毛への乾燥を防ぐには、
加湿器で湿度を高めて
空気を潤すようにしましょう。

シャンプー後は、
しっかりトリートメントで
ケアしましょう。

 

乾かした後に
ヘアーオイル、

または

アウトバストリートメントを塗ると、
さらに髪の毛の内部の水分を
キープできるのでおすすめです。

保湿力のあるヘアケアアイテム
髪の潤いを保てるようにしましょう。

 

〇まとめ

いかがでしたか?
加湿器があると
だいぶ乾燥対策になるのでは
ないでしょうか。

また

暖房の風向きも、
髪や顔に直接当たらないように
スイングにしたりして
少しでも乾燥を防ぎましょう。

 

最後までお読み頂き
ありがとうございました!