あなたもドライアイかも!? 気になる症状や目やにの対処法!

 

目が乾いているなと感じるときや、あまり長く目を開けて

 

いられないなと思うことが、多くなっていませんか。

 

 

現代社会では、パソコンでの作業など、瞬きが減るような

 

作業がたくさんあり、現代病の一つとして、ドライアイ

 

なる人が多いです。

 

 

目薬などを常用して、対策している方もいますが、

 

意外と、ドライアイに自分がなっていることに、

 

気づいていない方もいます。

 

 

ドライアイに対しても、きちんとした対策方法があります。

 

 

対策を行うことで、目の渇きを取り戻すことも、十分に

 

ありますので、予防や対処を行うことが大切です。

 

 

 

ドライアイに効く、保湿メガネって知っています?
水を入れて使う保湿メガネ!

 

 

目が乾かないようにするためのメガネがあって、

 

保湿メガネというのを知っていますか。

 

 

ドライアイに効くメガネなんてあるのかと、

 

疑わしく思われる方もいると思いますが、

 

実は画期的なメガネがあります。

 

 

保湿メガネはどういう構造になっているかというと、

 

簡単な構造で、左右のレンズの端、右のレンズなら右の端、

 

左のレンズであれば左の端に、小さなタンクがあります。

 

 

こに水を入れることができるメガネを、保湿メガネと言います。

 

 

このタンクに水を入れることにより、タンクの水が蒸発する

 

ことで、目の周囲の湿度が上がり、目が乾きにくくなります。

 

 

メガネをかけているだけですので、目薬を差すという

 

煩わしさがないのが、とても便利です。

 

 

小さいとはいえ、メガネの端にタンクがついているので、

 

デザインが気になる方もいると思います。

 

 

デザイン性の高いものも販売されていますが、気にならない方

 

であれば、積極的に使用してもいいのではないかと思います。

 

https://www.jins.com/jp/item/MST-13A-003.html

 

 

 

ドライアイの症状を放っておくと、視力低下も!?正しい対処法!

 

 

ドライアイになってしまうと、視力低下も出てきてしまい

 

ますので、正しい対処をする必要があります。

 

 

目の構造は油層、水層、ムチン層の3つに分かれており、

 

一番上の油層が、目の水分を守っているはずなのに、

 

水層の水が減ってしまう現象を、ドライアイと言います。

 

 

目の潤いは、保護の役割をしているので、乾燥してしまうと、

 

目が傷つきやすい状態になってしまいますので、できる限り

 

目が潤っている状態を維持していることが大切です。

 

 

まずは、ドライアイになった原因を、探る必要があります。

 

 

考えられるものとして、スマホやパソコンなどの画面を見過ぎ、

 

室内の乾燥、コンタクトレンズの長時間使用などがあります。

 

 

まずは、自分のドライアイの原因が何かを考えて、

 

それを改善する必要があります。

 

 

そして、定期的に目の休息が必要になります。

 

 

休息の仕方としては、

 

パソコンなどを操作している場合は、休憩をすること、

 

 

このとき、さらに休息の効果を高めるために、蒸しタオルを

 

目の上に置き、マッサージをするのも効果的です。

 

 

自分に合った、対処法を見つけていきましょう。

 

 

まとめ

 

 

ドライアイは、目のことを考えて、対処するのが望ましいです。

 

 

コンタクトレンズを使用したり、パソコンの作業があったりと、

 

原因に対して対処するのが難しい場合もありますが、

 

できる限り目の休息をとって、ドライアイを防いでください。

 

 

目は一生ものなので、大事にしていきましょう。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。