こんにちは、シカサンと申します。

よろしくお願いします。

眼鏡をするのが

めんどくさいという方や、

スポーツをされたりする方には

 

必須のアイテムである

コンタクトレンズ

 

コンタクトレンズがないと

生活しにくいという人も

多いのではないかと思います。

 

 

そんなコンタクトレンズですが、

便利なアイテムであるとはいえ

 

目が乾いてしまうなど

意外と大変な面もあります。

 

睡眠がしっかりとれていない場合だと、

コンタクトレンズをした目に

違和感を感じる人もいます。

 

だからこそ、睡眠の質には

気を付けたいですね。

 

そこで、今回は

そんなコンタクト愛用者の方必見の

睡眠の情報を紹介していきます。

 

睡眠障害に気付かない!? 気絶するように寝てしまう人は要注意!

布団に入ったらすぐに寝ることができる!

 

そんな、寝るのが得意な人、

周りにいませんか。

あなた自身がそうかもしれません。

 

しっかり寝れるからいいこと

と思われがちですが、

 

それは睡眠ではなく

気絶しているだけかもしれません。

 

 

どういうことかというと、

 

健康的な睡眠の場合は

寝る準備が完了した状態から

だいたい30分前後で睡眠に入るのが

一般的といわれています。

 

ですが、

布団に入った瞬間に

寝れるようなタイプの人は、

 

単に寝つきが良いというわけではなく

気絶している可能性が高いんです。

 

 

気絶なので、

意識が失われている瞬間があり、

人に起こされても

全く起きないというになります。

 

もちろんそれで

一生気絶したままにはなりませんが、

体の危険を知らせるシグナルだと

理解したほうがいいです。

 

 

例えば、

睡眠時に無呼吸状態になっているなどの

病気のサインだったりします。

 

自分の寝つきの良さが

異常だなと感じたら

病院で検査してもらっても

いいかもしれません。

 

快適な睡眠をとるには? 起きやすい時間と睡眠時間の関係!

朝、起きやすいタイミングがある。

 

そんなことを意識して

睡眠をしていることがあるでしょうか。

 

そんなこと言われても

仕事や学校があるから、

 

好きな時間や起きやすい時間を

選んで起きることはできないと

思ったかもしれません。

 

 

でも、実は

起きやすい時間というのは

スパンが短いものなんです。

 

 

睡眠には

レム睡眠ノンレム睡眠

2種類があります。

 

レム睡眠の時に夢を見ると

聞いたことがあると思います。

 

これは、2つの睡眠で

脳の状態が違うために起こります。

 

ノンレム睡眠

脳の休息時間になっていて

リラックスした状態です。

 

逆にレム睡眠

体を休めている状態ではありますが

脳は活動しています。

 

 

睡眠は、

平均して90分程度の周期で変化する

とされています。

 

そして、

すっきり起きられるのはレム睡眠時

だといわれているんです。

 

 

これは考えてみれば当たり前なんですが、

脳は活動しているので

 

目が覚めたらそのまま

自然に起き上がることが

できるからなんです。

 

 

最近では、睡眠が浅いタイミングで

アラームを鳴らしてくれる

アプリもありますので、

 

それを利用するのも

1つの手だと思います。

 

まとめ

コンタクトレンズを

長時間つけている方は

多くいらっしゃると思います。

 

そのような方は、睡眠の質が悪いと

朝のコンタクトが不快に

感じてしまうことがあります。

 

ですので、

コンタクトレンズを

快適に使うためにも

 

睡眠について理解して、

睡眠の質を良くしてくださいね。

 

もちろん、

コンタクトレンズを使わない方にも

大事なことなので、

 

参考にしてみてください。

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。