夏バテは塩分不足だけが原因ではない!?他の原因は何?

こんにちは、

二児の母 チキンです。

 

 

夏が近づいてくると

わくわくするのも束の間、

 

夏バテするほどの暑さに

なることを考えると

 

少し憂鬱にもなります。

 

 

そもそも夏バテとはなんなのでしょうか?

 

「なんとなくだるいような・・・」

「食欲がわかない」

「やる気がおきない」

 

など、

 

これといった痛みや

日常生活に支障をきたす

重大な症状などはないものの、

 

体の不調を感じる状態のことを

夏バテと総称してよんでいます。

 

 

はっきりした症状がないのに、

なぜ不調になるのでしょうか。

 

 

夏バテには主に

3つの原因が考えられます。

 

 

まず1つ目の原因は、

体内の水分量とミネラルの不足

によるものです。

 

これは簡単にいうと、

発汗による脱水症状です。

 

 

2つ目の原因は、

暑さによる消化機能の低下と

それに伴う栄養不足です。

 

暑いとどうしても、

冷たいものを食べたり飲んだり

してしまいますが、

 

それにより胃が冷えてしまいます。

 

胃が冷えると

消化機能は低下し、

栄養の吸収も悪くなり、

 

結果として食欲不振を引き起こします。

 

食欲不振により、

そもそも摂取できる栄養が

不足することに加え、

 

消化機能の低下により

栄養の吸収率が悪くなっているので、

身体にとって必要な栄養素が不足します。

 

これにより、

夏バテ特有の不調が

あらわれることになるのです。

 

 

3つ目の原因は、

暑さと冷房による気温差の繰り返しです。

 

夏の暑い日に

外から冷房がよく効いた室内へ入ると、

10℃以上の気温差がある、

ということも少なくはないと思います。

 

そのように

気温差が激しい状況が続くと、

 

体温調節を司る自律神経

気温の変化に対応しきれなくなり、

 

自律神経失調症

引き起こす可能性があります。

 

そして

自律神経がうまく働かなくなることにより、

めまいやたちくらみ、疲労感、倦怠感など

夏バテの症状が出るのです。

 

 

夏バテの一番の原因は睡眠時のエアコン?

人の体温は、

体が活動的である日中に上昇します。

 

そして夜になると、

体にたまっている熱を下げるために

熱放散をします。

 

この体温の変動により、

身体は休息に入ろうとし、

眠気が来ます。

 

 

しかし、日中

冷房の効いたところにいると

体が冷えて体温が上がりません。

 

さらに、

夜になって寝るときにも

冷房を効かせすぎていると、

 

体は

「これ以上体温を下げてはならない!」

という防御機能を働かせます。

 

 

その結果、

熱放散が行われにくくなり、

体温の変動は少なくなります。

 

すると、

休息のスイッチも入りづらくなり、

寝つきが悪いなどの睡眠への障害が起きます。

 

 

寝つきが悪いと

睡眠が浅い状態が増え、

身体は十分な休息がとれなくなります。

 

 

倦怠感や疲労感が無くならないまま

朝を迎えると、

 

起きてからもだるさが残っているので

夏バテ特有の状態となるのです。

 

 

湿気が原因で夏バテに?

湿度が高いと

汗が蒸発しづらく、

体温調節がうまくできません。

 

さらに、

高温多湿の環境では

汗腺がつまることで

発汗しづらくなることがあります。

 

 

発汗は

体表面の温度を下げる目的があるので、

発汗ができなければ

体温調節もうまくいきません

 

 

体温調節がうまくできない状況

というのは、

 

先にも述べた通り、

自律神経に悪影響を及ぼします。

 

また、

発汗がうまくできないときには

 

体がさらに大量の汗を出して、

なんとか体温を下げようとします。

 

 

これを繰り返していると、

体力は消耗し、

脱水状態も起こり、

夏バテの症状がより出やすくなります。

 

 

なので、夏場の湿度には

注意してください。

 

 

まとめ

夏バテというと、

具体的な治療法が

思いつかないので、

 

省エネモードで

なんとなく涼しくなるまでを過ごす……

 

という人も多いと思います。

 

 

ですが、せっかくなら

夏バテを解消して、

夏を思い切り楽しみたいですよね。

 

 

特に、暑い夏だからこそ気を付けたいのが、

冷え」です。

 

暑さを感じるあまりに

体を冷やそう冷やそうという

行動に出てしまいがちですが、

 

必要以上に冷やしすぎないよう

気を付けることが、

夏バテを防止する策になります。

 

 

読んでいただき

ありがとうございました。