こんにちは、シカサンと申します。
よろしくお願いします。

 

鼻水の症状が出ると、気になって

なかなか寝れなかったりすることがあると思います。

 

風邪であれば治ったら問題ないのですが、

鼻炎であればそうはいきません。

 

風邪だと思っていてもなかなか治らない、

そんな状況が続いてしまうのがつらいところです。

 

今回はそんな鼻炎の原因や

対処法までを紹介してきたいと思います。

 

鼻炎の気になる症状は?
臭いが気になる時は蓄膿症の可能性も!?

そもそも、鼻水が出たり

鼻が詰まったりという現象には

体の防衛反応が関係しています。

 

鼻に害のある異物が入ってきた場合、

くしゃみはその物質を排出しようという働きで、

鼻水は鼻の中を洗い流そうとします。

 

鼻づまりはこれ以上害のある物質が

入ってこないようにする働きなんです。

 

これが頻繁に起こってしまう場合が鼻炎、

正確にはアレルギー性の鼻炎の可能性が高いです。

 

ホコリなど1年中あるもので、

くしゃみや鼻水が発生してしまう症状になります。

 

また、口臭がする場合には

蓄膿症の可能性もあります

 

なぜ蓄膿症が発生すると口臭がするかというと、

蓄膿症の場合鼻づまりがひどく

鼻呼吸が困難になります。

 

口呼吸を頻繁にしてしまうと

口内が乾燥してきます。

 

口内の水分は基本的に唾液です。

 

唾液は口内の消臭や

菌を洗い流してくれる効果があるんです。

 

ですので、口内が乾燥し

唾液が不足している状態が続く蓄膿症は

口臭がひどくなってしまうというわけです。

 

鼻炎から来る頭痛や吐き気…
つらい症状をやわらげる対処法10選!

鼻炎の場合には様々な対処法があります。

 

もちろんその中には

一人で対処することができるものも多くありますので、

それらの対処法を紹介していきます。

 

日常的にマスクをする

 

アレルギー性の鼻炎である場合、

花粉やほこりといったものが鼻炎の原因になります。

 

それらを防ぐために、

外出時は必ずマスクを着用するようにしましょう。

 

 

室内のハウスダスト対策

 

布団などハウスダストが出やすい場所は

鼻炎の原因になりやすいです。

 

こまめな掃除でハウスダストを除去しましょう。

 

 

鼻うがい

 

専用の薬を使い、

鼻から水を吸い上げ口から出す鼻うがい。

 

鼻の中にあるごみを掃除することができます。

 

 

食事への工夫

 

シソやヨーグルトはアレルギーに効くとされています。

 

日常的に摂取して

アレルギーを根本から予防していくことも大切です。

 

 

入浴

 

入浴することも鼻炎には効果があります。

 

お風呂から上がる蒸気によって

鼻の乾燥を防ぐことができます。

 

 

部屋の湿度を保つ

 

自分の部屋で過ごしている際に、

部屋が乾燥していると鼻炎には悪影響になります。

 

加湿器などを用いて乾燥しないようにしましょう。

 

 

ストレス

 

ストレスからも鼻炎が悪化してしまいます。

 

日々のストレスを発散するよう心がけることが大切です。

 

 

睡眠

 

正しい睡眠をとることも大切です。

 

睡眠不足で免疫が下がったり

過度のアレルギー反応が出てしまうこともあるので注意です。

 

 

運動

 

睡眠とも関係してきますが、

生活習慣が崩れてしまうと

鼻炎を起こす可能性が上がります。

 

過度な筋トレなどはする必要がありませんが、

適度な運動は大切です。

 

 

たばこ

 

喫煙も鼻に対して悪影響です。

 

自分が吸わないようにするのはもちろんのこと、

他人のたばこの煙もできる限り吸わないように心掛けましょう。

 

 

これらに気を付けることで

鼻炎を防ぐことができますので、

できるものから挑戦してみてください。

 

まとめ

鼻炎は人それぞれ違う理由で発症し、

頭痛や吐き気など様々な症状に悩まされます。

 

自分に合った対処法を見つけ

対策していくことが大切です。

 

アレルギー性の鼻炎でないのであれば、

基本的には生活習慣が関係してきますので、

自分の生活を見直すいいチャンスかもしれませんね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。