こんにちは、シカサンと申します。よろしくお願いします。

 

皆さんは

 

 

りんごを食べれば口臭が消える

 

 

ことをご存知でしょうか。

 

この言葉だけを聞いたら、

 

ただの迷信なんじゃないか

 

と感じてしまうかもしれません。

 

ところが、

 

りんごには、本当に消臭効果があります。

 

 

その成分は、リンゴポリフェノールと呼ばれています。

 

 

リンゴポリフェノールには、

 

 

体の酸化を防ぐ働きがあり、

体の有害な成分を体外へと排出するのを手伝う性質

 

 

も持っています。

 

そのため、

 

口臭の原因となると言われる物質を

 

体に溜め込むことなく、

 

外へと出してくれるのです。

 

また、このリンゴポリフェノールは

 

 

熱に強いという性質も併せ持っており、

 

 

特に皮の付近に多く含まれていると言われています。

 

そこで、

 

美味しい食べ方としては、

 

皮を剥かずに、

 

熱して食べると良いと言われ、

 

リンゴポリフェノールの効果を期待することができます。

 

これを機に

 

焼きリンゴなどの熱したリンゴを食べてみると

 

良いかもしれませんね。

 

ところで、

 

リンゴに多く含まれるリンゴポリフェノールで

 

改善することが期待できる口臭ですが、

 

そもそも、

 

どうして、口臭が出てしまうのでしょうか。

 

 

 

歯茎から膿?口臭との関係性

 

歯茎に膿が溜まってしまう、

 

 

いわゆる歯槽膿漏という症状も、

 

 

口臭と深い関係があります。

 

歯槽膿漏を患うと、

 

溜まった膿が独特の臭いを発して、

 

口から腐敗臭が感じられてしまうことがあります。

 

この場合には、

 

歯槽膿漏の症状である膿が、

 

匂いの発生源となっているので、

 


その
原因である歯槽膿漏を直さない限り

 

 

臭いの素が口の中にあるわけですから、

 

口臭は治らないと言っても過言ではありません。

 

 

口臭を気にするのであれば、


歯槽膿漏に限らず、

 

病状は早急に治療したほうが良いですね。

 

 

 

ストレスでも口臭が…胃からくる口臭とは!?

 

病状とまでは言えずとも、

 

体に様々な症状を引き起こすストレスによっても、

 

口臭が生じてしまうことがあります。

 

さらに、

 

ストレスが原因の口臭の場合には、

 

口からではなく、

 

胃の状態が悪くなって、

 

口臭が起こってしまうこともあるんです。

 

どういうことかというと、

 

ストレスで悪化する症状と言われる胃潰瘍は、

 

多くの人にとって、

 

とても身近な病気ですが、

 

胃潰瘍が悪化することで、

 

口臭の原因となってしまうのです。

 

胃潰瘍は、

 

胃の中がダメージを負ってしまう病気なので、

 

胃の中の食べ物が消化し難くなってしまいます。

 

それで、

 

十分な消化ができずに、

 

残ってしまった食べ物が強烈な臭いを発して、

 

その臭いが口から出てくるため、

 

酷い口臭となってしまうことがあります。

 

 

まとめ

 

口臭には、いくつかの原因が考えられます

 

口臭は、

 

病気が原因となるだけでなく、

 

 

ストレスや、

 

膿といった原因からも

 

口臭が起こってしまいます。

 

病気が原因であるもそうですが、

 

症状に対して対策を打つか、

 

原因に対して対策を打つかのどちらかになってきます。

 

 

口臭の原因を改善できれば良いのですが、

 

ストレス社会で発散するのが難しかったり、

 

歯槽膿漏を歯医者さんに

 

直してもらうまで時間があることもあります。

 

 

そんなときには、

 

身近にあるリンゴを使って

 

おいしく口臭を改善できれば最高です。

 

リンゴを食べて、おいしく口臭を改善していきましょう。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。