ついにやって来ました。

 

 

1年の中で、

 

人によっては、ちょっと慌ただしくなる季節の一つ、

 

お仕事されている方には、毎年恒例の異動期です。

 

 

場合によっては、引越です。

 

 

どうせ新しい家を探すなら、前の場所よりも良い物件を

 

探そうと、模索中のアナタなら、

 

 

1日の疲れをとる寝室も、より良い場所に

 

変えてしまいませんか。

 

 

今回は寝室の改善について、

 

今までぐっすり眠れていた方には、さらに快適に、

 

 

不眠だった方には、改善できるかもしれないご提案を、

 

していきたいと思います。

 

 

◯寝具は大事!

 

 

なかなか寝付けないというときに、真っ先に思い浮かべるのは、

 

枕が自分に合っているのか、と思う方も多いと思います。

 

 

実際に、枕専門店も増えました。

 

 

この枕選びのコツから、ご紹介していきたいと思います。

 

 

◯ポイントは頭の位置!

 

 

自分にあった枕を選ぶときには、

 

「高さ」が大切になってきます。

 

 

分かりやすいのは、寝たときの姿勢です。

 

横になって枕に頭を乗せたときに、

 

真横から見て、立っている時と同じ

 

姿勢になればGoodです。

 

 

◯+αのポイント!

 

 

さらに、寝返りがスムーズにできるかということも、

 

大切になってきます。

 

 

仰向けの姿勢だけではなく、寝返りや横向きも、

 

無理なくできる枕がベストで、

 

 

頭が落ちない幅のものを選んでください。

 

 

◯枕の素材ってかなりある…

 

 

天然のものがいいのか、通気性のよいものがいいのか、

 

迷ってしまいます。

 

 

実は、素材に関しては、完全に自分の好みで

 

構いません。

 

 

「なんだか、この素材の枕だと、いつもと違う気がする」

 

その直感が、自分にあっている枕の素材です。

 

 

今は、たくさん素材も出ていますが、

 

難しく考える必要はありません。

 

 

◯次は敷物!!

 

 

ここからは、敷布団についてです。

 

 

体が沈み込むような、やわらかい寝心地のベッドを、

 

夢見てしまいます。

 

 

これが、睡眠にとっては本当に良いのか、

 

試したことありますか。

 

 

◯ちょうど良いもの!

 

 

敷布団選びのポイントは、

 

硬すぎず、軟らかすぎず、です。

 

 

実は私も、体が沈み込むような柔らかさのものは、

 

合いませんでした。(朝起きると腰痛です)

 

 

人によって違いはありますが、

 

体全体の重さが、バランスよく分散してくれるもの

 

を選んでください。

 

 

◯寿命もあった!

 

 

愛着があるからといって、

 

煎餅布団にしてはいけません。

 

 

敷布団の寿命は、5~10年です。

 

 

この期間ではなくても、

 

朝起きて、体に違和感があるような場合は、

 

見直し時です。(まさに、私の場合は腰痛です)

 

 

◯羽毛最高説!?

 

 

掛け布団で、文句なく選ぶべきは

 

羽毛布団です。

 

 

羽毛布団は、保温、吸湿、保湿において

 

全てが優秀な素材です

 

 

寒い時期は、重い布団の方が空気を逃がさないのでは、

 

という考えはダメです。

 

 

かえって、寝返りをしにくくして、湿気がたまる原因になります。

 

 

◯軽いからこそフィット!

 

 

その点、軽い羽毛は、フワッと体にフィットして、

 

さらに、空気も含んでくれるので、温かさバツグンで、

 

蒸れにくいのも良いところです。

 

 

これから、寝具を変えるのであれば、

 

掛け布団は、思いきって羽毛にすると、

 

長く付き合えます。

 

 

◯衛生を保つ大事なもの!

 

 

布団カバーも、汗や皮脂に触れる部分なので、

 

取り換えや洗濯はマメなのが理想です。

 

 

もうひとつは、

 

体に掛ける部分の、シーツです。

 

 

リネン素材が基本的におすすめですが、

 

季節によって、温かさを調節してくれる、

 

大事な寝具の一つです。

 

 

これらも、敷布団カバー同様、体に直接触れるものなので、

 

定期的な洗濯を忘れないで下さい。

 

 

参考(http://sleepdays.jp/contents/list/506)

 

 

 

不眠症状には、寝室改善がマスト!
安眠を約束する、たった一つの法則とは?

 

 

◯辛い悩み…

 

 

夜、なかなか寝付けない、

 

 

1日の中で、これが一番辛いのでは

 

ないでしょうか。

 

 

昼間はあんなに眠かったのに、

 

いざ布団に入って寝ようとすると、

 

 

あれやこれやで、気付いたら何時間もたっている。

 

そんな状態では、日々の疲れも解消されません。

 

 

では、より良く眠りにつける寝室にするには、

 

どうしたら良いのでしょうか。

 

 

◯方法は、たった一つ!!?

 

 

さあ、寝ようかと、布団に入ってから、

 

10分経っても眠れない場合は、

 

お布団を諦めてください。

 

 

いっそのこと、寝室から出て、

 

完全に寝る体制をリセットします。

 

 

◯なんで!?

 

 

布団(寝室)から出るということは、

 

逆に、もっと寝られなくなるのでは、

 

と思う気持ちもわかります。

 

 

このようなタイプの方は、

 

布団に入るとすぐに、何か考えてしまう(脳が覚醒する)

 

という、悪い習慣がついてしまっているのです。

 

 

寝室で、テレビを視るとか、音楽を聴いて寝ようなんて、

 

もってのほかです。

 

 

そうして、布団の中で起きていることが、

 

体にインプットされてしまっているのです。

 

 

寝室は完全に寝る場所と考えて、

 

布団以外は何も置かないことです。

 

 

10分経っても眠れなかったら、一度部屋から出て、

 

違う場所で何かをして、気持ちをリセットする。

 

 

ワンルームの方はなかなか難しいと思いますが、

 

ベッドの上に乗るのは、寝るときだけと意識していれば、

 

似たような効果があります。

 

(この方法は、私のワンルーム時代のやり方です。

 

参考にしてください。)

 

 

参考(https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20121205/332918/?ST=m_labo)

 

 

 

不眠の原因は、以外とパジャマにあり!?
確実に悩みを解消します!

 

 

◯部屋着で寝ていませんか?

 

 

ジャージで寝るなんて、もってのほかです。

 

 

汗は吸ってくれないし、締め付けは強いしで、

 

悪いことだらけです。

 

 

いきなり騒ぎはじめてしまい、すみません。

 

これに関しては、自分も実際に意識していることなのです。

 

 

基本的に、ジャージとまでは言わなくても、

 

部屋着のままで、寝ている方もいると思うのですが、

 

 

皆さん、パジャマをご準備ください。

 

 

◯そのワケ

 

 

部屋着とパジャマ(寝る服)の区別をきちんとつけると、

 

体が、「パジャマだ。寝なきゃ。」と思ってくれます。

 

 

実際にパジャマに着替えたことで、

 

入眠時間が短くなったという研究結果もあります。

 

(とある雑学バラエティーでの話です。)

 

 

一度覚え込んでしまえば、

 

カラダさんは、けっこう物分かりが良いのです。

 

 

◯パジャマ選びのコツ!

 

 

1番おすすめは、ダブルガーゼ素材です。

 

 

生地の間に、空気の層を作ってくれるので、

 

保温性が上がります。

 

 

他にも、

 

綿、麻などの天然素材の方が、肌への負担もなく、

 

吸湿性があり、快適に寝ることができます。

 

 

そして、パジャマ選びの最後のコツは、

 

ゆったりしたサイズのものにすることです。

 

 

体の締め付けを無くすことで、

 

体が1番リラックスした状態を、作ってください。

 

 

今回は、

 

不眠(睡眠)と、寝具の関係についてご紹介しました。

 

 

寝具の選び方から始まり、

 

寝付けないときの意外な方法まで、

 

ご紹介できたかと思います。

 

 

これから寝具を見直そうとしていた方には、

 

新しいものを選ぶときの参考にしていただければ、

 

嬉しいです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。