秋バテもあるって本当!?残暑に実行したい予防方法で未然に防ごう!

 

夏になると夏バテ、これはよく聞きますよね。

 

 

夏の暑さなどで体がダウンしてしまったという経験がある方も多いと思います。

 

 

ですが、夏バテだけでなく

 

秋バテというものもあるんです。

 

 

夏とは違った理由で秋にも

 

体調を崩してしまうことがあるんです。

 

 

この秋バテ、改善するには

 

体を温める対策が効果的です。

 

 

たとえば、半身浴で体を温めたり、

 

電車などの公共機関の中が寒い時のために

 

上着を一枚常備しておくなどです。

 

 

ほかには、食事もショウガや

 

鍋など体を温めるのもいいですね。

 

 

秋になったらなんかわからないけど体調が悪い、

 

という方はぜひこの対策を実践してみてください。

 

 

 

ばてるのは夏だけじゃない!秋バテは気温差に注意が必要!

 

 

秋にばててしまう、

 

そもそもこれはなぜ起こるのでしょうか。

 

 

夏に暑くてバテるのはわかりますが、

秋には秋なりの体調を崩してしまう原因があるんです。

 

 

それはなにかというと、気温差です。

 

 

秋になると気温が涼しくなります。

 

もちろん残暑が残るので完全に涼しくなるには時間がかかりますが、

 

それでも夏よりはいくらか涼しいですよね。

 

 

そんなときにクーラーをガンガンにかけていたりすると、

 

体が冷えてしまい自律神経が乱れてしまいます。

 

 

これが体調を崩してしまう原因です。

 

 

ほかにも、まだ暑いからと冷たいものを

 

たくさん食べすぎてしまうと、内臓が

 

冷えてしまい内側から体調を崩してしまいます。

 

 

内臓が冷えると下痢もしやすくなりますし、

 

消化機能も低下してしまいますので、

 

悪いことばかりです。

 

 

単純な気温差はもちろんのこと、体を冷やして

 

体調を崩してしまうことも多々あります。

 

 

秋になって毎年体調を崩してしまう方は、冷房や

 

食べ物を見直してみるといいかもしれませんね。

 

 

 

秋バテを未然に防ぐ簡単レシピ!おいしく元気をチャージしよう!

 

 

夏バテでも体調を崩してしまうのに、

 

秋も体調を崩したくないですよね。

 

 

ですが、電車やオフィスの温度調節ができないから

どうしても秋バテになってしまうことがある、

 

という方もいらっしゃると思います。

 

 

そんな方のためにおすすめなレシピがあります。

 

 

それが豚汁です。

 

 

味噌汁に具材を変える程度のものですが、

 

これにショウガを入れたりすることで、

 

体温を上げる料理に早変わりです。

 

 

もちろん体を温める料理が秋バテに効果的ですので、鍋などでも全然いいです。

 

 

ですが、鍋よりも手軽に作れますし、

たくさん作っておけば何日も保ちますので便利ですね。

 

 

秋バテが気になる方はぜひ作ってみてください。

 

 

まとめ

 

 

意外と油断していると秋バテになってしまいます。

 

 

自分が感じる前に体は冷えてしまっていることが

 

多いというわけですね。

 

 

ぜひ食事から体の温度をあげておきましょう。

 

 

最後まで読んでくださって

 

ありがとうございました。