こんにちは、シカサンと申します。

 

よろしくお願いします。

水仕事をしていると

 

どうしても起こってしまう

あかぎれ。

 

しっかり対策

しているでしょうか。

 

あかぎれは

 

皮膚の周りにある

手を保湿してくれる部分

 

水によって

なくなってしまうため、

乾燥して割れてしまいます。

 

美容師の方

シャンプーを使ったりなど

 

常に水に触れる方は

特にあかぎれに

悩まされていると思います。

 

家事などであれば

ゴム手袋をすればいいですが、

客商売となると

そうもいきません。

 

どうすればいいのと

悩んでいる

 

そこのあなたに

お勧めの方法があるんです。

 

そこで、今回は

あかぎれが良くなるやり方を

紹介していきます。

 

効果バツグン!あかぎれ対策!! 水仕事も楽勝♪

あかぎれ対策に

 

効果抜群で

とても簡単にできるのが

 

軟膏などの

手に塗るタイプの薬になります。

 

もちろん、

仕事中に

影響が出ないように配慮して、

夜寝る前に

手に塗って

 

手袋をして寝るという方法

あるのでご安心ください。

 

たったこれだけで

あかぎれが

対策できちゃうんです。

 

なぜこれで

対策ができるかというと、

 

医薬品ですので

保湿を保ってくれる

 

皮膚の回復を促す作用

が期待できるからなのです。

 

ですので、毎日の仕事でダメージを蓄積しても毎晩回復するため、

問題なく仕事ができるというわけです。

 

 

意外!あかぎれ対策できるのはこんな食事!!

あかぎれは

外傷に近いから

塗り薬しかない。

 

そんな固定概念を

持っている人も

いるのではないでしょうか。

 

実は、

あかぎれに良いとされる食事

があるんです。

 

というのも、

塗り薬には

手の血行よくして治すタイプ

存在します。

 

そして、

食事にも

血行を良くするものがたくさんあるので、

食事に気を付けることで

あかぎれを防ぐことができるんです。

 

あかぎれを防ぐためには

ビタミンEを摂取する必要があり、

イカや卵黄、

カボチャやアーモンドなど、

 

日常的にこれを料理に取り入れることで

綺麗な手を保つことができます。

 

まとめ

あかぎれというのは

水仕事をする方にとっては

宿敵です。

 

もちろん

ひどすぎる場合には

お医者さんに

受診するのが一番ですが、

そこまでではないというのが

本音のところでしょう。

 

ですので、

そんな場合には

塗り薬を塗ったり

料理を工夫することで

 

あかぎれを防ぎ、

体調を管理していくのが

近道です。

 

もちろん、

自分に合ったものでなくては

ならないので、

塗り薬も

色々なものを試してみたり、

料理も自分の口に合うように

食材を取り入れてみたりすることが

大切です。

 

ですが、

たったそれだけのことを

気を付けるだけで

状況を変えることができるので、

ぜひ実践してみてください。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。